fbpx

MENU
スタッフブログ

五月病

五月の憂鬱

五月病は正式な医学用語ではありませんが、GW明けになんだか憂鬱になる、仕事に行きたくなくなる、なんとなく体調が悪い等の症状がでることをいいます。

五月病の原因は主にストレスです。

就職、異動や転勤など環境が変わることが多いこの時期は、特にストレスが溜まりやすいのです。

五月病の症状は食欲不振、疲労感、やる気がでなかったり、憂鬱などがあります。

 

また几帳面、まじめ、責任感がある人ほどそこからうつ病に発展するケースもあります。

五月病の予防としては、

・運動をする

体を動かすことでストレスを解消でき、心身もリラックスさせることができます。

・趣味を続ける

趣味や好きなことをすることで、脳内でセロトニンという「幸せホルモン」の分泌が増加しストレス解消に繋がります。

・生活リズムを整える

睡眠不足は体の不調や、集中力低下、気分の落ち込みにも繋がりますので、夜更かしを避け規則正しい生活リズムを身につけましょう。

 

五月病は誰にでもなりうる状態ですので、悩みなどある時は、1人で抱え込まずに家族や友達、病院に相談しましょう。

〜5月のお休み〜

5月のお休みは以下の通りです。

4/29(木) お休み

4/30(金) 通常受付

5/1(土)  通常受付

5/2(日)  通常受付

5/3(月)  お休み

5/4(火)  お休み

5/5(水)  お休み

5/23(日)  お休み ※研修のため

 

あとはいつもの受付時間に準じます。

お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。

 

当院のコロナウィルス対策

頭痛の種類

頭痛

ほとんどの方が人生で1度は頭痛になった経験があると思います。

また頭痛には種類があることをご存知でしたか?

頭痛は大きく分けて3つに分類されます。

1.片頭痛

ズキズキと拍動性の痛みを伴う頭痛で、主に頭の片側に起こります。

日常生活や仕事に支障をきたしやすく、体を動かすとで痛みが増します。

また吐き気やおう吐の症状や、光や音に敏感になりやすくなります。

片頭痛は何らかの理由で血管が拡張し、痛みを引き起こしているので、

患部を冷やし、暗い静かな部屋で休息を取る。

カフェインを取り血管を収縮させるのも良いとされています。

 

2.緊張型頭痛

頭全体や後頭部から首、肩にかけての筋肉が緊張し起こる頭痛です。

主にストレスや緊張状態が続くと起こりやすくなります。

片頭痛とは違い拍動性の痛み、吐き気など日常生活に大きく支障をきたすこともありません。

片頭痛と違い血流の流れが悪くなっているので、患部を温めてあげる。ストレスを解消する。

などが主な対処法です。

3.群発性頭痛

片側の目の奥に、目をえぐられるような激しい痛みを伴う頭痛です。

目の充血、涙や鼻水が出たり等の症状を伴うことも多いです。

特に男性に多く、この頭痛はほとんど同じ時間帯に起き、慢性的なものであれば数日~数ヶ月続くとされています。

原因ははっきりとされていませんが、脳にある視床下部が関係しているとも言われています。

レム睡眠とノンレム睡眠の違い

女性と猫

睡眠には2種類あることをご存知でしょうか?

それは「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」です。

名前は聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ではその違いはと言いますと、「レム睡眠」は、急速眼球運動を伴う睡眠のことをいいます。

体は休息状態、しかし脳は覚醒状態で、眠っていても眼球が動き、眠りも浅いです。

夢をみるのはこのレム睡眠中に多いとされています。

 

「ノンレム睡眠」は、急速眼球運動を伴わない睡眠です。

脳も覚醒状態になく、深い眠りに入っています。

 

また睡眠にはサイクルがあります。

眠りはまずノンレム睡眠から始まり、次第に眠りが浅くなりレム睡眠が訪れます。

睡眠周期はそれぞれ約90分で、ノンレム睡眠とレム睡眠が交互に起こります。

このサイクルが一晩に4~5回繰り返されます。

また朝に向かうにつれ、ノンレム睡眠よりレム睡眠が長くなっていきます。

このレム睡眠時に合わせて起きると、目覚めもスッキリした状態で迎えることができます。

もちろん睡眠周期にも個人差がありますので、睡眠時間をしっかり取りつつ、自分に合ったサイクルをみつけることもポイントです。

 

 

 

 

〜4月のお休み〜

4月のお休みは以下の通りです。

29日(木)

 

 

 

あとはいつもの受付時間に準じます。

お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。

 

当院のコロナウィルス対策

ストレッチをすると~?

方のストレッチをする女性

皆さんはお家でストレッチってしますか?

ストレッチと聞くと、体を柔らかくするといったイメージを持つ方が多いと思いますが、

それ以外にも以下のようなメリットがあります。

・血行が良くなることで、代謝や体温が上がり痩せやすい体になります。

・筋肉や関節の可動域が広がることで、ケガの予防にもなり、スポーツなどで本来の力を出しやすくなります。

・血行が良くなることで体内の老廃物や疲労物質などが排出されやすくなり、むくみ予防や疲労回復が早まります。

・血流も良くなり手足も冷えにくくなります。冷えにも効果的です。

・筋肉の緊張が緩和され、腰痛や肩こりの予防に繋がります。

 

それ以外にも、免疫や、ストレス解消、リラックス効果なども期待できます。

普段はストレッチをしても三日坊主で終わってしまう方も多いかと思いますが、

このようにストレッチをすることで、痩せやすくなったり、冷えやむくみ予防になると言われると継続できるのではないでしょうか?

筋肉痛が出ている時は筋トレを続ける?休む?

筋トレをする女性

筋トレをして、次の日や2日後などに筋肉痛に~。なんて経験をされた人も多いのではないでしょうか?

また筋肉痛の時も変わらずトレーニングを行った方が良いのか、それとも休んだ方が良いのか、

わからない人もいらっしゃると思います。

そもそもなぜ筋肉痛は起こるのでしょうか?

筋肉痛が起こる原因は、実は医学的にもまだはっきりしていませんが、

運動によって傷ついた筋繊維を修復する時に起こる痛みではないかとされています。

筋トレを行い、筋肉痛が出ているという事は、筋肉がまだ100%回復していないということです。

一般的にトレーニング後48~72時間休息することが良いと言われています。

というのも、この間に筋肉は「超回復」をしているのです。

超回復とはきちんと休息することで、筋肉が回復し以前よりもバージョンアップされることです。

ですので、筋肉痛がでている時はトレーニングは休みましょう!

逆にこの超回復の間に休まずトレーニングをしてしまうと、筋肉が100%に戻る前に再び破壊されることになるので、

筋肉は成長せず疲労だけが蓄積するのです。

ただし休息が長すぎると筋肉も元に戻り、衰えていくので注意が必要です。

ではどうすれば効率よく筋肉をつけれるのか?

それは曜日で鍛える部位を変えてあげる事です。

例えば、

月→上半身

火→下半身

水→体幹

木→休み

金→上半身

土→下半身

日→体幹

このように曜日で分けることで超回復をしながらトレーニングを継続することが可能になります。

 

また筋トレは徐々に負荷を増やしてあげる事が大事です。

以前と同じ回数や負荷をかけても筋肉痛がでなければ、回数や負荷を増やしてあげましょう。

 

筋トレは正しい知識を持った状態で行うことで効果を得やすくなります。

筋トレをこれから始める方は一度参考にしてみてください。

 

〜3月のお休み〜

3月のお休みは以下の通りです。

20日(土)

 

 

 

あとはいつもの受付時間に準じます。

お間違いのないよう、よろしくお願いいたします。

 

当院のコロナウィルス対策

自律神経乱れていませんか?

自律神経は2種類あるってご存じでしたか?

交感神経、副交感神経と言ったらわかりやすいでしょうか。

名前は聞いたことがある方はたくさんいらっしゃると思います。

じゃあ交感神経、副交感神経、その違いは何かざっくり説明すると

交感神経が興奮している時に作用する神経、

副交感神経が落ち着いている時に作用する神経です。

 

今日は少し副交感神経のお話をしていきます。

 

副交感神経が活発になるのは先ほど言ったようにリラックスしている時、後は食事中や睡眠中も副交感神経優位です。

では副交感神経の具体的な働きを説明します。(数ある作用の中の1つです。)

 

食事をすると胃液が大量に分泌されて腸の運動が活発になります。

これは副交感神経が働くことで消化に必要な機能が活発になっている状態です。

 

食事中や睡眠中は心身がリラックスして、栄養を摂取したり身体のメンテナンスをしている状態になります。

これが副交感神経の作用の1つです。

 

最近忙しくて自分は食べた気がし無い・・・。

2,3時間置きに起きてしまうからちゃんと寝れてない・・・。

 

という女性はお通じや月の周期的なものがトラブルが起きやすい傾向にあります。

 

ですので食事はなるべくゆっくり、睡眠も途中で起きるものではなく深い睡眠をとるようにしましょう。

花粉の量が去年に比べて○○倍

スギ花粉

花粉症の季節がやって来ました。

毎年毎年ツラくて困っている方もいらっしゃると思います。

今まで罹ったこと無かったのに。。。

年々きつくなっている気がする。。。

ニュースや新聞でだって花粉は去年の○○倍なんて伝えているし。。。

しかし、実はこれにはカラクリがありまして、去年の花粉が少ない時と

今年の多い時期の花粉と比べているからなんです。

なので今年の花粉が去年より何倍も多いと錯覚してしまうんです。

しかし花粉が今、現在外に舞っているのも花粉症がツライのも事実です。

その花粉症のお話です。

そもそも花粉症ですがいわゆるアレルギー症状の1つです。

アレルギー症状とは体がその物質を異物(良くないもの)と勘違いして、それを体の外に出してしまおうとして起きる症状ですね。

そのアレルギー症状に対して強くなる、抑える働きをしてくれているのが、

消化器系(小腸、大腸)と言われています。(最近は腸活なんて言葉も出てきましたね。)

様々な腸に良い商品が出ているので

花粉症がツラくて困っているならぜひ使ってみてはいかがでしょうか?