育児中は反り腰にも気をつけてください

投稿日時:2017年06月12日

子どもを抱っこしたり、おんぶしたり、
お母さんの腰には大きな負担がかかっています。

猫背もそうですが「反り腰」も腰痛の原因になることをご存知でしょうか?

「反り腰」というのは、腰を不必要に反ってしまうことをいいます。
子どもを抱っこするとき、どうしても腰に力が入るので、
知らない間に腰を反りかえらせてしまいます。
これがクセになると、反り腰といって腰痛の原因になってしまうのです。

反り腰になっているかどうか、簡単にチェックしてみましょう。

壁に背中をくっつけて立ってください。
頭とお尻、かかとを壁にピタッと付けたとき、
腰に手が入るようなら、反り腰になっている可能性があります。

また、前屈みになったときに、
腰に鈍い痛みを感じることもあります。

姿勢がよいのはいいことですが、
あくまで自然体での姿勢が大事です。

少し反り返りすぎているな、と感じたら、
・前屈してみる
・腰を丸めるストレッチをする
・腹筋を鍛える運動をする
・骨盤矯正をする

このようなことをして、腰へのストレスを和らげてあげてください。