骨盤はこんなクセで歪みます

投稿日時:2017年01月30日

二足歩行の人間は、日常的に骨盤は歪みやすくなっています。

骨盤は背骨を支えている大事なところで、
3つの骨と筋肉、靭帯だけで支えています。
一番上には重い頭も乗っていますし、
骨盤はとても負担がかかりやすいところです。

この骨盤を歪ませるのは、外傷などよりも日常の何気ない生活習慣です。
たとえば次のようなものがあります。

・いつも同じ足に重心をおいて立つ
・いつも同じの足を上にして組む 
・バッグをかける肩が左右決まっている
・猫背になりがちである
・テレビ画面を横向きに見ることが多い

誰でも一つ二つは当てはまることがあるのではないでしょうか。

こうした何気ない動作で、知らず知らずのうちに骨盤が歪んでしまい、
突然腰痛を発症することもあります。

では、どうしたらいいのかというと、
自分のクセに気づくことが大事です。

「いつも同じ足を上にして組んでいるな」分かったら、逆に組んでみる。
足を組まないのが一番いいのですが、急にやめようとするとストレスになります。
まずは、逆にすることからはじめることをおすすめします。