靴がおかしな減り方をしていませんか?

投稿日時:2017年01月16日

新しく買ったばかりの靴でも、すぐにかかとがすり減ってしまって使えなくなる。
そんな方はいませんか?

もしかしたら、歩き方に問題があるかもしれません。

靴底をよく見て、こんなふうになっていないかチェックしてみましょう。
・一カ所だけ極端にすり減っている
・左右均等に減っていない、片方だけがかなり減っている

もう少し詳しく見てみましょう。減り方と歩き方、原因との関係は、
こんなふうになっています。

・靴(かかと)の内側だけが減る…猫背、内また歩き、X脚
・靴(かかと)の外側だけが減る…がに股歩き、O脚
・靴の先が減る…すり足歩き
・かかとの一部だけが減る…骨盤が歪んでいる

このような歩き方をしていると、足裏に均等に力がかからないので、
靴底がおかしな減り方をしてしまいます。

そして、靴底が傾いた靴を履くことで、ますます足腰や膝に負担がかかり、
痛みが出ることも。

正しい姿勢で歩き、靴底もこまめに新しいものに取り替えるようにしてくださいね。