反射区とツボの違いとは?

投稿日時:2017年01月02日

ツボは刺激すると、疲れがとれて気持ちがいいですね。
頭から足まで、人間の体には何百というツボがあります。

ツボは、気や血液の流れ道である経絡(けいらく)という部分の上にあるポイント地点で、
体のあちこちとつながっています。

お灸も鍼も、ツボを刺激して体調を整えるもの。
ツボ押しも同じです。

このほかに、反射区という言葉を聞いたことがあると思います。
足裏マッサージでおなじみですね。

足裏にある反射区というのは神経が集まっているところで、
ツボと同じように体の一部分と連動しています。

反射区もツボと同じで、刺激することで調子を整えるもの。
違いは、反射区は点ではなく、もう少し広く範囲で考えるというところです。
反射区を刺激すると老廃物の代謝がよくなって、体の外に出やすくなります。

見ることができない内蔵も、
ツボを押したり、反射区を押すことで調子が分かるというのは、
なんだか不思議な気がします。

毎日触っていると、自分の体調に気づくことも。
痛い!と思うときは、ちょっと疲れているかもしれません。

ゆっくり休んでくださいね。