fbpx

MENU
スタッフブログ
O脚矯正

O脚・X脚の方は、靴にもご用心

昔から「カモシカのような足」といいますが、スラッとまっすぐに伸びた足は、とても美しいですよね。でも、実際にはO脚やX脚

に悩んでいる方が大勢います。

 

足の長さや形には遺伝的な要素もありますが、それだけではありません。実は、O脚やX脚になる方には、それぞれ特徴的なクセが

あるのです。

 

O脚はひざが外に向いて開いてしまう足で、逆に、X脚はひざが内側に向いてしまう足をいいます。O脚やX脚は若い頃は見た目が

主に気になりますが、年齢を重ねてくると、ひざに痛みを感じはじめるケースがあるので注意が必要です。

 

O脚やX脚の方に気をつけて欲しいのは、歩き方や座り方もそうですが、靴底が減った靴を履き続けないこと。O脚は靴底の外側、

X脚は内側が減るので、そのままにして履き続けるといつまでも改善しません。

 

O脚やX脚の方に向けた専用インソールなども市販されています。自分がどちらのタイプなのか知ったうえで、こうしたものを上手

に利用して、少しずつ改善してみてはいかがでしょうか。

 

腰痛の大きな原因、外反母趾について

腰痛の原因として、外反母趾があります。ハイヒールやパンプスを履く女性に多いことでも知られていますね。

外反母趾は、足の親指が小指のほうに向いてしまう症状をいいます。ひどくなると痛みで靴が履けなくなったり、歩くのことが難しくなります。足にむくみやしびれが出ることもあります。外反母趾が女性に多いのは、合わない靴や幅の狭い靴を履くことが多いからだといわれています。

外反母趾を持っていると、力が足先に入らないので、正しい姿勢で歩けません。体重が体の前ではなく、後ろにかかるようになってしまいます。また、足裏で体をうまく支えられないので、全身のバランスも崩れてしまいます。このような体勢で立ったり歩いたりすれば、どんどん腰が痛くなることに。O脚の原因が外反母趾にあるケースもあります。

親指の付け根が赤くなったり、痛くなったりしたら、ひどくなる前に受付してみてもらいましょう。初期であれば、運動やストレッチなどで改善が期待できます。

 

原因は足裏にあり?O脚と扁平足について

O脚の原因の一つに、偏平足(へんぺいそく)があります。

偏平足は、土踏まずがない平べったい足裏のことです。土踏まずは、本来なければならないものです。足裏に適度なくぼみがあり足がアーチ状になることで、走ったりジャンプしたりするときの衝撃を吸収できるからです。

偏平足ではこの土踏まずがないので、足が衝撃を直に受けてしまいます。すると、その衝撃を他の部分が受けることになり、膝やももに余分な負担がかかってO脚になることがあります。

ですから、O脚を直したいと思ったら、その原因が偏平足にある場合には、偏平足も直さなければなりません。偏平足は現代人に多く、靴・靴下の生活で足裏に刺激が少ないため筋肉が衰えることが原因だといわれています。大人になって運動不足が続いたら、いつの間にか土踏まずが小さくなってしまったということもあるようです。

・なるべく素足で過ごす
・足指を使うようにする
・ストレッチをする

このようなことをコツコツ続けていると、少しづつですが足裏にくぼみができ始めます。気長に土踏まずを作っていき、O脚改善につなげましょう。

 

O脚には足首の柔軟性がポイント!

O脚には、関節の柔軟性が関係しています。たとえば、ひざから下がくっつかないO脚の方は、足首の柔軟性がないことが多いようです。ためしに、イスに腰掛けて足を伸ばし、両方の足首を動かしてみてください。前後左右に動かし、回転させましょう。このとき、どこかに痛みや硬さを感じるようなら、足首の柔らかさが少しなくなっているかもしれません。

ひざ下のO脚の方は、まっすぐに歩くことができず、ふくらはぎの外側に力を入れた歩き方をしていることが原因の一つです。そのため、足の外側に筋肉がついてしまい、場合によってはひざの骨が出っ張ってしまうケースもあります。足の裏全体を使ってしっかり地面を蹴って歩けるように、まずは足首の柔軟性を取り戻すことから始めましょう。

先ほどのイスに座った姿勢で、両足首を外側に5回、内側に5回、ぐるっと回します。急がず、筋肉の動きを感じながら、ゆっくり回すのがコツです。慣れてきたら10回に回数を増やしていきます。あくまで無理をしないで行ってください。

 

美しい姿勢で正しく歩くレッスンを!

姿勢よく歩いている姿は、それだけで美人に見えるものです。美しい歩き姿は、女性としてぜひマスターしておきたいもの。正しい歩き方をすれば、体も健康でいられます。

まず、正しい立ち姿勢を取ります。正しい姿勢を取るためには腹筋と背筋が必要になりますが、これが意外と弱っているもの。チェックするには、背中を壁につけて立ってみましょう。かかと、ヒップ、背中、後頭部までをしっかり壁につけ、つま先を少し外に開きます。この状態が正しい姿勢です。どこかつらい部分があれば、腹筋と背筋が不十分であるか、体のどこかが歪んでいる可能性があります。

次に、正しい歩き方をします。かかとから着地し、足全体で地面を踏みつつ親指に重心を移動させて、つま先で地面を蹴ります。これを先ほどの正しい立ち姿勢で行えば、すらりと美しい足で歩けるようになります。最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば、こちらの歩き方のほうが何倍も楽に感じられるでしょう。鏡を見ながら、ぜひ練習してみてくださいね。

ハイヒールは体にいい?悪い?

ヒールのない靴のほうが体にはいいように思えますが、ハイヒールはいいのでしょうか、悪いのでしょうか?

ハイヒールにもいくつかの種類があります。ヒールが細いピンヒールは、安定感が悪いので足にはあまりよくないかもしれません。他のハイヒールも、ヒールがある分、体重が均等に足にかからないので足には負担になります。「かかとから着地して、つま先で地面を蹴る」という歩行がうまくできないので、血行が悪くなったり、腰やひざへの衝撃が強くなってしまう可能性があります。無理な歩行を続けることで、骨盤が歪みやすくもなります。

ですから、あまり高いヒールが高い靴、ヒールが細い靴は履かないほうが足にとってはよいといえるでしょう。ただし、ヒールがある靴も一日中履き続けなければ大丈夫ですし、ローヒールであっても、足に合わない靴なら同じように足にはよくありません。また、歩き方が悪くてもやはり足腰に負担がかかります。

どんな靴を選ぶかと合わせて、歩き方にも注意しないと、足腰の歪みやトラブルが生じますので注意してくださいね。

 

下半身ぽっちゃり、それはO脚のせいかも?

「どうして下半身だけ太ってしまうんだろう?」
太り方にはいろいろなパターンがありますが、
上半身のわりに、下半身が大きくなってしまう人もいます。
下半身がぽっちゃりしてしまう原因の一つに
O脚があります。

下半身ぽっちゃりには3つのパターンがあります。
1つは脂肪がついて太る場合、
もう1つはむくみが生じて太る場合、
内蔵が下がってぽっこりおなかになってしまう場合です。

O脚は、足が外側に開いているので体の重心が安定しません。
そうなると、股関節や骨盤などが徐々に歪んできて、血液やリンパの流れが悪くなります。

そこで新陳代謝が悪くなるので、セルライトができやすくなり、
足がむくみやすくなるので下半身がぽっちゃりしてしまうというわけです。

また、骨盤が歪むことで内蔵が下がり気味になり、
おなかが出てきます。

「いろんなダイエットを試したけれど、下半身が痩せない」
という人は、もしかしたらO脚が原因になっているのかもしれません。

O脚なら、O脚矯正で施術することができます。
上手に活用して、きれいな足とスリムな体を手に入れてくださいね。

O脚を治すと身長がのびる!?

大人になったら、ふつうはもう身長は伸びません。
でも、伸ばす方法があるんです。
それがO脚矯正です。

O脚というのは、足が外側に開いてしまっていたり、歪みやねじれている状態をいいます。
足をまっすぐ伸ばして立ったとき、ひざこぞうがつかない人はO脚の可能性があります。

ということは、外に広がってしまっている足をまっすぐにすれば、
そのぶん縦に身長が伸びるということになります。

O脚矯正をすると、個人差はありますが、
大人でも平均~1㎝も身長が伸びることがあります。
O脚がひどい人ほど、縮んでいた身長が伸びる可能性があります。

O脚は放っておくと股関節やひざに大きなダメージを与えてしまいますから、
早めにしっかり治しておいたほうがよいですが、
さらに身長も伸びるかもしれないとなれば、ますます良いですね。

O脚矯正は痛い施術ではありません。
むしろO脚を放置しておくほうが危険。
あとでひどい痛みが出るかもしれません。

当院でもO脚矯正を行なっておりますので、
心配な方は、お気軽にご相談ください。

靴がおかしな減り方をしていませんか?

新しく買ったばかりの靴でも、すぐにかかとがすり減ってしまって使えなくなる。
そんな方はいませんか?

もしかしたら、歩き方に問題があるかもしれません。

靴底をよく見て、こんなふうになっていないかチェックしてみましょう。
・一カ所だけ極端にすり減っている
・左右均等に減っていない、片方だけがかなり減っている

もう少し詳しく見てみましょう。減り方と歩き方、原因との関係は、
こんなふうになっています。

・靴(かかと)の内側だけが減る…猫背、内また歩き、X脚
・靴(かかと)の外側だけが減る…がに股歩き、O脚
・靴の先が減る…すり足歩き
・かかとの一部だけが減る…骨盤が歪んでいる

このような歩き方をしていると、足裏に均等に力がかからないので、
靴底がおかしな減り方をしてしまいます。

そして、靴底が傾いた靴を履くことで、ますます足腰や膝に負担がかかり、
痛みが出ることも。

正しい姿勢で歩き、靴底もこまめに新しいものに取り替えるようにしてくださいね。

O脚かどうか見分けるコツ

O脚、X脚など、いろいろな脚のかたちが言われていますが、
自分の足がどれなのか、正しく知っている人は少ないかもしれません。

O脚は、脚が外側に湾曲しているので、
脚に負担がかかりやすくなります。
歪んだままにしてしまうと、いきなり腰痛!なんてことにもなりかねません。

「自分はO脚なのかな?」
と心配な人は、まっすぐ立って次のチェックをしてみてください。

・太ももから膝、ふくらはぎまで隙間ができてくっつかない
・太ももはくっつくが、ひざ下に隙間ができる
・内くるぶしがくっつかない

当てはまるものがある人は、O脚の可能性があります。
ちなみに、O脚にもさまざまな種類があります。

O脚になってしまう原因はいろいろあります。
会社にお勤めで普段ハイヒールを履く人、
サイズの合わない靴を履いている人、
歩き方が悪い人など、日常生活が原因で起こります。

気になる人は、まずは検査してみてください。
今の脚の状態と、自分がどんなタイプのO脚なのかなどもチェック致します!