fbpx

MENU
スタッフブログ
豆知識

ママさん世代は自転車ライフを楽しもう!

日常的に自転車に乗ることが多い女性は少なくありません。

子どもをのせやすい、買物にいきやすいといった実用的な理由で自転車を愛用している人が多いかもしれませんが、実は健康効果も期待できます。

 

まず、自転車は有酸素運動です。

有酸素運動は酸素を体内に取り入れながら脂肪や糖質などを燃やしていくので、効率的な運動になります。

 

また、自転車を漕ぐことで、足腰など筋肉が多い下半身を自然と使います。

これにより、たくさんの筋肉を使うことができ、足腰も鍛えることができます。

ジョギングよりも手軽なのもメリットでしょう。

体重が気になる人でも自転車なら気軽に始めることができます。

 

ちょっと足を伸ばしやすいのもメリット。

買物ついでに公園や河川敷まで出かければ、運動がてら良い気分転換にもなります。

ストレス解消もできて、一石二鳥。

たまにはお弁当を持ってピクニックもいいかもしれません。

 

自転車は実用性もさることながら、心身の健康にも大いに役立ってくれます。

日常生活にどんどん活用したいですね。

夏場の肩こりはここに要注意!

肩こりは一年中起こりますが、夏には特に気をつけてほしいことがいくつかあります。

 

まず、一つ目は夏独特の冷えです。温暖化の影響なのか、年々夏が暑くなってきていて、クーラーなしでは過ごせないという人も多いのではないでしょうか。

クーラーは強制的に冷たい風で部屋を冷やすので、そこにいる人の体も必然的に冷やしてしまいます。

肩こりは血行不良ですから、クーラーにあたりすぎると肩こりが悪化する場合もあります。

クーラーがきいたオフィスなどでは、肩をむき出しにしないよう気をつけましょう。

定期的に肩だけ温タオルなどで温めるのも良い方法です。

 

夏場はシャワーで済ませる人も多いですが、肩こり症の人はできれば湯船に浸かるほうが良いでしょう。

疲れがたまる週末だけでも、ゆっくり入浴してみてはいかがでしょうか。

 

冷たいものの摂り過ぎも、体を冷やします。

アイスコーヒーなどは、カフェインの作用もあって体が冷える元になってしまいます。

美味しいからといって、がぶがぶ飲まないように気をつけたいものですね。

 

全体的に冷たい飲食物を摂りがちなので、意識的に温かいものを摂取することが大事です。

小顔矯正に関する誤解について

小顔矯正と聞くと、顔をググッと押していくものだと思っている人がいますが、実はそうではありません。

 

頭の骨はいくつかのパーツに分かれています。それを施術により細かく矯正していきます。

さらに相乗効果として、顔や頭のコリなどをほぐして血行やリンパの流れなどを良くすることも期待できます。

 

つまり、むくみを解消しようとするものです。その結果として、顔が小さく見えることがあるというものになります。

 

リラックスしながら本来の顔立ちにしていくのが小顔矯正です。

ご存じでしたか、骨盤と生理痛の関係

骨盤と生理には深い関係があるということを知っていますか?というのも生理周期に合わせて骨盤は開閉します。

そこで、骨盤がゆがんでいると、骨盤内の血流の流れも悪くなり生理痛がひどくなると言われているのです。

 

骨盤には、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンが影響しているとされています。

生理前に骨盤が開き始めて、生理中になると骨盤が開いて経血を起こりやすくします。

その後少しずつ骨盤は閉じていきます。

そして、排卵期には骨盤がぎゅっと閉じて排卵に備えるというサイクルを繰り返しています。

 

月経は毎月あるので、骨盤もそれに合わせて絶えず開閉しています。

月経と骨盤は密接な関係があるので、どちらかの働きがきちんとしていないと相互に影響を与えかねません。

 

骨盤は運動不足やストレスなど日常生活や、姿勢、日常動作といったものからも影響も受けます。

女性が快適に毎日を過ごすためには、骨盤を健康な状態に保っておくことが重要といえるでしょう。

骨盤の状態を正しく知りたいという人は、整骨院へぜひご相談ください。

骨盤矯正は痛くない?

骨盤矯正が未経験の人からよくいただく質問の一つに、骨盤矯正は痛くないのかという質問があります。

結論からいうと、痛いということはありません。

 

整骨院での矯正と聞くと、ボキボキッと手で押していくイメージがあるのかもしれません。

しかし、そんなことをしたら、体への負担が大きくなってしまいますよね、実際にはそんばことはしませんから、どうぞご安心ください。

 

骨やその周りの筋肉をさわるのは、とてもデリケートなことです。

その人の体調や痛みなどを把握しながら、少しずつ少しずつケアしていくのが、骨盤矯正です。

 

もし、痛みを感じることがあるとすれば、もともと腰痛などをお持ちの方や緊張しやすい人などが、施術中の姿勢などで感じることがあるかもしれません。

そのようなときは、遠慮なくおっしゃっていただければと思います。

できるだけリラックスした状態で受けていただけるよう、最大限の注意を払って施術していきます。

骨盤矯正は何回くらい通えばいいの?

骨盤矯正には何回通えばいいの?という質問をよく受けます。

答えから先に申しあげると、回数はその方ごとに異なるので一概にはいえません。

 

ただ、言えるのは、一回で済むことは非常に少ないということです。

 

骨の歪みは長い間かけて生じます。

 

毎日少しずつ歪んでしまったものを正しい位置にするためには、やはりそれなりの時間がかかります。

また、正しく戻しても、すぐに歪んでしまうこともあります。

歪んだ状態が長いと、それに体が慣れてしまっているので、その状態に戻ろうとしてしまうのです。

 

こうしたことに対応しながら骨盤矯正は行われるので、一回で完璧というわけにはいきません。

正しい位置にゆっくり戻し、その位置を体に定着させなければならないので、数回以上はかかります。

 

また、常に正しい位置をキープしておくには、定期的にケアすることも非常に重要です。

特効薬のようなものではないので、意識的に継続してケアしていくことが大事です。

骨盤矯正をするとこんなことが期待できます

骨盤矯正は、お産後の女性だけでなく、産後だけではなくあらゆる層の女性に受けていただけるものです。

 

骨盤の位置を正しくすることで、まず自然と姿勢が良くなります。

姿勢が良くなると、これまで無理に支えていた部分のストレスがなくなるので、歩行などがスムーズになることが期待できます。

 

骨盤が正しい位置にあると、内臓の位置も定まるようになります。

内臓が正しい位置に来ることで、消化吸収やお通じが良くなり、その結果としてお腹のぽっこりが改善される人もいるかもしれません。

 

意外なのが、頭痛、腰痛、肩こりなどにも影響する可能性があることです。

 

体の歪みが原因でこうした状態が引き起こされている場合には、改善が期待できるでしょう。

血行が良くなる結果、老廃物やリンパの流れも良くなり、さまざまな不調が良い方向に向かいやすくなります。

 

骨盤は小さな部分ですが、全身を支えるとても重要な役割を果たしています。

不調を感じていなくても、不調が起こる前に、できれば定期的にチェックしておきたいですね。

骨盤の歪みを自分でチェックする方法

骨盤が目に見えない部分なので、自分で歪んでいるとはなかなか気がつきません。

ただし、骨盤が歪んでいるかどうかをセルフチェックすることはできます。

意外と簡単な方法なので、ぜひ一度やってみてください。

 

まず、立って、目の前に目印を付けておきます。

それから、そのまま目を閉じて50回足踏みしましょう。

50回足踏みしたら、目を開けて、印をつけているところからどれくらいズレているかをチェックします。

ズレている方角のほうの骨盤が歪んでいると一般的にはいわれています。

(100%ではありません。)

 

もし、骨盤が歪んでいるなと感じたら、近くの専門家に一度チェックしてもらうとよいかもしれません。

そのまま放置してしまうと、歪みが大きくなる可能性も出てきます。

骨盤矯正を行っているところなどに気軽に相談してみましょう。

骨盤矯正では、矯正するだけが目的ではなく、骨盤の状態のチェックも大事であると考えています。

見えない部分だからこそ、丁寧なケアが大事。

 

専門家に相談しながら、適切なケアを施していきましょう。

骨盤矯正が必要な人ってどんな人?

骨盤矯正と聞くと、お産後の女性を思い浮かべる人は多いでしょう。

確かに、産後のケアとして、骨盤矯正に通われる人はとても多いです。

ただし、矯正自体はお産後だけでなく、幅広くいろいろな人に受けていただけるものです。

 

骨盤はホルモンの影響なども受けやすいとされており、生理や妊娠、出産などを経験する女性は、男性よりも歪みが出やすいようです。

また、せっかく出産後に骨盤矯正をしても、赤ちゃんの抱っこなどで無理な姿勢をとることで、また歪んでしまうケースも少なくありません。

抱っこは赤ちゃん時代だけでなく、ある程度大きくなってからも続くので、お母さんの負担は大きくなってしまいます。

 

また、育児中でなくても、仕事が忙しくてかかとの高い靴を毎日履いたり、無理して動いていたりすると、骨盤や背骨などが歪みやすくなります。

女性はとかく自分のことを後回しにしてしまう傾向がありますが、自分をもっと労って、体を休めるようにしたいものですね。

忙しいからこそ、近くの専門家などで体をケアする習慣を持ちましょう。

正しい姿勢を取ると体幹も鍛えられる

体幹を鍛えましょうというトピックをよく耳にするようになりました。

 

じゃあ、スポーツジムにいって鍛えないといけないのかしら…と思っている人もいるかもしれませんが、大丈夫です。

日常生活の中でも、体幹を鍛えることは可能です。それは、正しい姿勢を心がけることです。

 

体幹は、体の奥にあって体を支える大事な部分です。

本来は、普通に動いていれば最低限は筋肉がついて体幹は安定しますが、運動不足や悪い姿勢などが続くと、筋肉が衰えて体幹が弱くなってしまいます。

体幹が弱くなると、姿勢がどんどん崩れて…と負のスパイラルに陥ってしまうので気をつけたいものです。

 

体幹筋(インナーマッスル)は、いわゆる筋肉むきむきとは違います。

体の内側にある筋肉なので、日常の動作でも鍛えられるのです。

 

たとえば、歩くときは背筋をまっすぐにして大股かつ早足で歩くようにするだけでも、必要な筋肉を維持することが可能です。

女性の場合、1日約8000歩歩くとよいといわれているので、これを目安にウォーキングしてみてはいかがでしょうか?気分転換にもなって、一石二鳥です。