fbpx

MENU
スタッフブログ
腰痛

もしもぎっくり腰になったら

普段、感じる痛みやだるさ

それとはまた違った動けないほどの痛み

ぎっくり腰

今日はそんなぎっくり腰になってしまった時の対処法をお伝えしようと思います。

 

・冷やすor温める

・ベルト、バンドを巻く

・動く際に腹筋に力を入れる

 

箇条書きにしましたが一点だけ少し説明をさせていただきます。

 

・動く際に腹筋に力を入れる。

この対処法、聞いたことが無いという方もいるかもしれません。

 

まず筋肉には原則、セットで拮抗筋というのが存在します。

ある筋肉と正反対のことをする筋肉の事です。

 

わかりやすく言うと上腕二頭筋という筋肉があります。

みなさんの腕にある力こぶの部分です。

この筋肉は肘を曲げる働きがあります。(他にもありますがややこしくなるので割愛します。)

 

そしてその上腕二頭筋の拮抗筋は

上腕三頭筋と言い、肘を伸ばす働きがあります。

真逆ですね。

 

上腕二頭筋が伸びている時は上腕三頭筋は縮んでいます。

上腕三頭筋が伸びている時は上腕二頭筋は縮んでいます。

 

話を腰に戻します。

腰の筋肉の拮抗筋はざっくり分けると腹筋になります。

ですので腹筋を使っている時、腰はお休みしている状態になります。

 

まとめると

腰が損傷しているので動かすと痛い→その腰の拮抗筋である腹筋を使えば腰の筋肉は使わなくて済む

→ だから腰を痛めている時は腹筋に力を入れればマシになる。

 

ということです。

ぎっくり腰にはならないのがベストですがもしもの時はお試し下さい。

また状況を見ながらご近所のプロにお任せくださいませ。

 

つらい腰痛と市販の湿布の使い方について

腰痛になったとき、湿布を貼る方も多いと思います。市販されていて手軽に使える湿布ですが、正しい使い方をぜひ知っておきましょう。

まず、湿布には2種類あります。冷湿布と温湿布です。温湿布といっても温めるものではなく、冷湿布もアイシングほど冷やせるわけではないので、現在では、どちらも同じように使って大丈夫だといわれています。

また、湿布には消炎鎮痛作用の強弱があります。含まれている成分によって、痛みを和らげる作用に違いがあり、強い鎮痛成分を含むものは、痛みに効きますが体への影響も大きくなります。慢性的な腰痛で長期間貼る必要がある場合には、できるだけ体に優しい湿布を選んだほうがよいでしょう。

ただしどちらも温といっても暖かく感じている、冷といっても冷たく感じるという認識でいて頂ければと思います。

ですので状況によっては実際に温度に干渉するアイシング、温熱(張るカイロなど)が効果的な場合があります。

湿布を貼る位置ですが、痛みを感じる部分よりも少し上に貼ります。打撲などは痛む場所に貼ればいいのですが、腰痛の場合は神経が実際に圧迫されているところと痛みを感じるところが少しズレています。

湿布は手軽な腰痛対策として便利です。特徴を知って上手に使ってください。

ただし、「痛みを一時的に除去する」と「根本的に改善する」は違うのであまりにも症状が長い方はお近くの病院、または整骨院等に相談しても良いかもしれません。

 

インナーマッスルを鍛えて腰痛改善しましょう

腰痛や坐骨神経痛を持っていると「筋肉をつけてくださいね」と言われることがあると思います。では、どんな筋肉をつければよいのでしょうか?

腰痛や坐骨神経痛の改善に役に立つのは、インナーマッスルです。インナーマッスルとは、体の深層部にある筋肉のことです。これに対し、体の浅い部分にある筋肉は表層筋(アウターマッスル)といいます。

インナーマッスルの中で、腰椎の近くにあるのが腹横筋(ふくおうきん)です。ちょうどお腹まわりにある筋肉で、内臓を正しい位置にキープする役割を果たしています。まるでコルセットのように体幹を支えているので、お腹を引き締めると同時に、腰椎もしっかり固定してくれます。

また、大腰筋(だいようきん)も腰痛に関係しています。この筋肉は立ったときに骨盤と背骨のS字カーブを固定させる働きを持つ筋肉です。

腰痛には主にこの2つの筋肉が重要ですが、気をつけたいのは、筋肉はただつけばいいというものではなく、柔らかさがあることが大事だということです。しなやかで柔軟性のある筋肉をつけることが大切です。

当院の施術でもインナーマッスルは非常に重要なものと考えております。

 

育児中は反り腰にも気をつけてください

子どもを抱っこしたり、おんぶしたり、
お母さんの腰には大きな負担がかかっています。

猫背もそうですが「反り腰」も腰痛の原因になることをご存知でしょうか?

「反り腰」というのは、腰を不必要に反ってしまうことをいいます。
子どもを抱っこするとき、どうしても腰に力が入るので、
知らない間に腰を反りかえらせてしまいます。
これがクセになると、反り腰といって腰痛の原因になってしまうのです。

反り腰になっているかどうか、簡単にチェックしてみましょう。

壁に背中をくっつけて立ってください。
頭とお尻、かかとを壁にピタッと付けたとき、
腰に手が入るようなら、反り腰になっている可能性があります。

また、前屈みになったときに、
腰に鈍い痛みを感じることもあります。

姿勢がよいのはいいことですが、
あくまで自然体での姿勢が大事です。

少し反り返りすぎているな、と感じたら、
・前屈してみる
・腰を丸めるストレッチをする
・腹筋を鍛える運動をする
・骨盤矯正をする

このようなことをして、腰へのストレスを和らげてあげてください。

ぎっくり腰、寝違い、交通事故にご注意!

一気に秋らしくなってきましたね!

つい先日まで冷房を付けていたのがうそのようです!

 

急な気温の変化が起こるこの時期はぎっくり腰や寝違い、交通事故の患者様が急激に増えます!

お風邪などの症状もそうですが、体調の管理に気を付けましょう!

 

ゆっくりお風呂に入るものいいですね!

正しい頭痛・肩こりの治し方

 

 

出産後、だっこやおんぶの回数が圧倒的に増えた

こりというよりは痛みに近い

朝起きてもスッキリしない

後頭部・こめかみが痛い

寝起きのクマがひどい

 

などなどツライ症状はありませんか?

多くの原因は

お子様の抱っこ、授乳など様々な動作の反復で肩の不調が生じます。

そうすると、筋肉に乳酸などの疲労物質がたまり、筋肉が硬くこわばって張ってきます。

また、夜鳴きや寝ながらの授乳などかたくる寝不足が更にそれに拍車をかけ、

回復を遅らせます。このような筋肉の疲れが筋肉のハリやコリ、ダルさなどの症状を引き起こすのです。

当院では、頭痛の根本的な原因から突き止め即効性のある施術を行っております。

根本的な背骨の原因(ゆがみ、ズレ)から施術し早期回復させます。是非一度和楽整体院へご相談ください。

 

歪んだ骨格を正しい位置に戻し根本から改善しましょう!

 

 

腰痛でお悩みなら当院にお任せ下さい。

腰に不調を感じたならなるべく早くに施術をおすすめしております。

当院は産後の腰痛施術を得意としています。

日本人にとって今や腰痛は国民病となっており、“約1500万人”が

腰に痛みを抱えている生活を強いられている現実があります。

腰は身体の要と言われるように腰を痛めると日常生活に支障をきたすようになります。

軽度の腰痛をほったらかしていると、悪くなることはあっても、

良くなることはなかなかありません。 腰に不調を感じたら、できるだけ早くにご相談してください。

 

早めに対処ができれば、長引かなくて済みますし、

ふとした瞬間にギックリ腰(急性腰痛)になってしまってからでは治るまで時間がかかってしまいます。

 

あきらめないで、腰痛の事なら和楽整体院へお越しください^^ 

身体のメンテナンスは日焼け止めと同じ!

身体が悪い状態(痛み、痺れ、歪みなど)のときは施術院や病院を探し

必至にその症状と向き合いますが

その後、施術をし悪い状態→良い状態になると

とたんに安心してしまい、施術や矯正をパタっとやめてしまう方がいます。

 

でもそれは間違いです。

やっと良い状態になったばかりですぐに施術をやめてしまったり

自己判断でもう大丈夫!と中断してしまうのは絶対にダメです!

むしろ、ここからが患者様自身の頑張りどころなのです。

ここからのメンテナンスをやるかやらないかで全く違ってきます!

 

 

例えば、

顔のシミが気になる(悪い状態)→シミをレーザーで消した(良い状態)

そのあと、日焼け止め(メンテナンス)を一切しなくなったら

またシミができるのは当たり前ですよね。

シミを作らない日頃のケアが大事になってくるという

ここからが大事な時期だということに気付いて頂き

悪い状態にならない身体のメンテナンスをしていくことが大切です!

 

mabusi

これからの長い人生を美しく健康に生活するためには

メンテナンスがとても大事です。

 

豊中市の骨盤矯正

豊中市の産後骨盤矯正

 豊中市の小顔矯正

豊中市の猫背矯正

 

腰痛の原因から施術

腰痛というと皆様、背中側にある筋肉だけが原因かと思われてる方も少なくないと思います。

痛いところ、辛いところ(ツボ)を押してもらってその時だけはすっきりするけど・・・・。

次の日に同じ症状がくる。

 

なぜそういう状態が起きるか?

 

それは腰痛の原因を取り除く施術をしていないからなのです。

「気持ちいい」だけを求めればその施術だけでいいかも知れませんが

しっかりと痛みをとりたい方はぜひ一度当院にお任せ下さい!


 

また、矯正施術も行いますので、芯がしっかりと整い身体のバランスが安定します。

そして当院の電圧施術を用いて、根深いハリを取り除けば

本来の腰の状態を体験してもらえるでしょう。

 

症状によりますが、一般的に腰と呼ばれる部分以外に点在する腰を支えている筋肉。

矯正施術、電圧施術。

 

これらを組みあわせると痛みはしっかりと取れて行きます。

その痛み、あきらめないでしっかり取り除きましょう!

それをしっかりと施術することによって痛みは劇的に変化します。

人気ブログランキングへ

腰痛なら

 

「昔ならこんな事平気だったのに・・・。」


そう訴える方は少なくありません。

 

 

 

ちょっと、孫を抱いただけ。

ちょっと、ソファーを動かしただけ。

などなど。

 

 

痛みというのは年々、形を変えてやってきます。

特に体の中でも大事な「腰」

 

 

読んで字のごとく

月偏(にくづき=肉体を意味します。)に要と書いて腰。

 

 

腰を痛めると様々な動作に支障がでます。

 

痛みを我慢せずにぜひ一度当院にご相談ください^^

根本から治して行きましょう!