MENU
スタッフブログ
猫背矯正

猫背にならない正しい授乳の姿勢

akachan_junyu

授乳中の姿勢はついつい猫背になりがち。

また骨盤も正しい姿勢では無いママが多いです。

どの様な姿勢が授乳の理想なのでしょうか?

 

授乳で猫背になる原因

新生児の頃はまだ不慣れなので赤ちゃんの口元などを確認するために

首を下げて、赤ちゃんを見ながら授乳するママさんがほとんどだと思います。

 

その際、肩は丸くなっているし、首は前述したように前に傾いています。

また背中も丸くなっており典型的な猫背の姿勢で一日複数回の授乳を行っているのです。

 

それが癖になり、日常生活でも猫背になってしまうのです。

すでに猫背であった人はさらに助長されます。

骨盤のゆがみが増えるママも多いです。

 

自分に合った抱き方で授乳を

赤ちゃんを授乳させる抱き方はいくつかあります。

1.横抱き

基本的な抱き方です。赤ちゃんの頭をママの腕で支えるような抱き方です。

赤ちゃんも包まれている感じがして安心しますが、特にまだ首が座っていないうちなどは

ママの手首が痛くなりやすいのでその点を注意してください。

 

2.縦抱き

こちらはある程度首が座るようになってからをお勧めします。

ママの前に赤ちゃんを座らせ、対面して飲ませる方法です。

赤ちゃんの身長が足りないうちは、つま先を立ててそれを補うママもいますが

足がつったりしますので、自分の足元か、赤ちゃんのお尻にクッションを敷き、母子ともに楽な姿勢を心がけましょう。

 

3.ラグビー、フットボール抱き

わきの下に赤ちゃんを抱える方法です。

一見難しそうに見えますがママの横、脇腹。

つまり赤ちゃんの下にクッションを敷いてあげると意外に楽に授乳できます。

 

4.添い乳

こちらもポピュラーな方法ですね。

寝かした赤ちゃんの横に、ママも寝て、そのまま授乳する方法です。

睡眠導入に使うママも多いですね。

添い乳は楽です、楽なのですが、癖になると寝る度に添い乳になるので

ママが腰痛や肩こりになりやすいです。

 

授乳の猫背姿勢を正す方法

1.クッションを使う

ママと赤ちゃんのどこか足りない距離を

ママが姿勢を犠牲にするか、手首、肩、腰などのどこかに負荷をかけ授乳している事が多いです。

1度や2度ならまだしも、一日数分を何回も繰り返し、さらに数か月以上続けるのですから

ママの体への負担は大です。

 

しかし、ある程度月齢が過ぎてくると姿勢を自分で

コントロールするこつのようなものが掴めてきます。

 

そこでクッションを使い、その部分を補いましょう。

シンプルな方法ですが、楽になりますよ。

 

2.腹筋に力をいれる

猫背の時の自分の姿勢を思い出してほしいのですが

必ずといっていいほど腹筋に力が入っていないはずです。

では、どうやって姿勢を維持しているかというと

腰、背中、肩の力に依存してなんとか支えています。

だから授乳後に肩こりや腰痛、そして猫背が助長されてしまうのです。

 

姿勢を正すにはバランスが大事で、猫背だからといって

背中だけを意識するのではなく、お腹の力を入れてみると

意外と姿勢がシャンとするものです。

 

3.猫背矯正を受ける

猫背だから猫背矯正を受けるといういってみれば当たり前の話ですが

一番効果的かと思います。

例えば、腹筋に力をいれるという事も猫背矯正をすればおのずと力が入りますし、

自分の力ではどうにもならない、首の動きの悪さや肩の動きの悪さも改善できます。

 

また当院の猫背矯正は矯正はもちろん、肩や首の筋肉に対しても

施術を行いますので、姿勢と同時に症状の改善も可能です。

 

ご近所にそういった施術院がある方は、一度専門家に相談してはいかがでしょうか?

 

産後の頭痛と首が痛い原因

virus_zutsuu

妊娠前も頭痛があったけど、産後によりひどくなった。

もしくは産前は頭痛と無縁だったけど急に産後に頭痛を感じ始めた。

また、首が痛いなどの症状も新たに出る方がいます。

それらの原因はいったい何なのでしょうか?

またそれらを解決はどうすればよいのでしょうか?

 

一般的には血管の拡張や三叉神経が原因だと言われています。

しかし、世の中にはお薬を飲んでも症状が改善しないママさんはいっぱいいます。

 

やはり「根本的に解決した」と「痛みが治まった」は違います。

※内科的疾患が原因の場合もございます。

その場合は医師の診断を速やかに受けましょう。

ママさんの頭痛と首痛の原因

1.産後の抱っこや授乳時の負荷

赤ちゃんをどういうシチュエーションか問わず

抱っこしたり抱える場合には必ず体に負荷をかけています。

 

それもそのはず、我が子だからこそ抱っこできているものの

同じ質量のお米や何か重量物をもちながら生活するのは大変です。

2リットル(2kg)のペットボトルですら普段は重く感じるママさんたちも多いのではないでしょうか?

 

そして負荷のかかった筋肉は固くなります。

筋肉は単一に存在しているのではなく関節を超えて連結しています。

 

筋肉を使うということは、筋肉を収縮させる、もしくは収縮力を維持して姿勢を保持するといことですので

一般的にその後筋肉は固くなるという性質を持っています。

 

その固くなった筋肉が肩や首に波及して

「抱っこの時に肩が痛い」

「授乳の時に首が痛い」

といった風になるのです。

人によっては手首が痛くなったりする場合もあります。

赤ちゃん抱っこで手首が痛い時の3つの対処法(腱鞘炎)

 

2.産後の抱っこや授乳時の姿勢

出産してから産前のライフスタイルと比べ大きく変わるものの一つとして

ママさんたちの姿勢があります。

 

例えば授乳中などは

基本的に赤ちゃんの方を見ながら授乳すると思うのですが

その時に頭、首を下に向けて授乳していると思います。

 

授乳時はそっちに気を取られてあまり感じませんが

その姿勢はママの猫背を助長します。

 

また、慣れてくるとスマホを操作しながら授乳するママさんもいますが、

下を向いているので同じことです。

 

授乳時間を測っているママさんも多いと思うので

1日のその時間をすべて足してみてください。

それなりの時間になると思います。

 

ほかにもおむつ替えや赤ちゃんをあやすときなど基本は下向きです。

その際に、筋肉が1.の理由と同じく固くなり首の痛みや頭痛を促します。

 

ママさんの頭痛と首痛の解決法

1.筋力をつける

あまり現実的ではありませんが紹介させて頂きます。

筋力が弱いママさんは多く、弱ければ弱いほど

負荷はかかりやすくなります。

 

これはママさんたちに限った事ではなく

一般的な話にもなるのですが

筋肉量が多い人ほど、負荷に耐えやすいです。

 

したがって、筋力をつけると赤ちゃんの抱っこや

授乳でのダメージは減ります。

 

しかし前述しましたが、忙しいママさん達が

赤ちゃんを預けてジムに行くのは難しく、またスポットで出来たとしても

継続しろと言われればかなり難しいです。

ですので、この方法は赤ちゃんがある程度大きくなってからお勧めします。

 

何より、筋肉は熱を生み女性にとって非常に大切なものなので

ないよりはあったほうがよいです。

 

2.姿勢を正し、筋肉を良いコンディションにする

これは現実的であり、非常に実用的です。

我々がみてきた中で

初検時には

「肩首も痛いし、頭痛もひどい・・・。」

と言っていたママさんが

「そういえば最近、頭痛が全く気にならなくなった、首も痛くない!」

とおっしゃる方は非常に多いです。

 

例えば当院の場合

猫背矯正と肩首の施術を一緒に行います。

これは施術効果を引き出すためでもあるのですか

相乗効果も狙ってのことです。

 

姿勢がよくなれば、筋肉も良くなりやすいですし、

筋肉がよくなれば、姿勢も良くなりやすいです。

 

さらにそうすれば血流も改善し

片頭痛も解消しやすくなります。

 

また、「姿勢は心の状態を表す」と古くから言われているように

姿勢が悪い方ほど、鬱の傾向になりやすいといわれいます。

 

姿勢がよくなれば赤ちゃんを抱っこする時も均等に

負荷がかかるようになります。

 

もちろん、見た目は姿勢が綺麗なママになります。

と、メリットしかない2.方法は、お近くに姿勢も含めてみてくれる施術院や病院があれば

通院してみてはいかがでしょうか?

 

 

もむとかえって逆効果?肩こりの正しい解消法

肩が凝ったとき、みなさんはどうやって解消していますか?何気なくもんで済ませている人がいるかもしれませんが、もむとかえって良くない場合もあります。

硬くなった筋肉をもむと、血流が良くなるので肩こりは一時的に軽くなります。でも、神経に何らかのトラブルがある場合には、かえって肩こり=炎症がひどくなることも。肩は叩いてはいけないともいいますが、これも神経や筋肉をいたずらに傷つけてはいけないからです。

肩こりで本当にほぐさなければならないのは、実は肩よりも肩甲骨です。肩甲骨は、肩と腕や脊髄を結んでいる三角形の大きな骨です。とても大事な骨で、肩甲骨の周りには、肩や腕、背中を支えるたくさんの筋肉がついています。これをほぐすことで、広く肩周りが軽くなります。

ほぐし方としては、肩回しが手軽でおすすめです。右手の指先を右肩に、左手の指先を左肩に置き、その姿勢のまま、ひじで大きな円を作るように回します。前回し5回、後ろ回し5回をワンセットにして、肩が重いなと感じたときにやってみてください。

 

意外!?肩こりの方はこんな服装に要注意

女性なら、オールシーズンおしゃれをしたいもの。でも、肩こりの方には少し気をつけてほしいことがあります。実は、肩こりを誘発しやすい服というのがあるのです。

◎ぴちっとした服
ボディラインを強調するようなピッタリした服は、肩を締め付けて動かしにくくしてしまうので、血流を悪くし、肩こりを起こすことがあります。夏場は薄手の服が多いのでまだいいのですが、冬場に厚手のピッタリした服を着るときには注意してください。

◎肩を出した服
夏場になるとキャミソールやタンクトップを着ることが多くなりますが、店や電車、オフィスなどエアコンが効いている場所が多いので、体を冷やしてしまいます。室内や車内に入るときは、一枚羽織るように心がけましょう。肩ひもが細いことで、肩を締め付けてしまうのもよくありません。
◎重いコート
コートは素材や形によって重さがだいぶ違います。重いコートを着れば、当然のことながら肩が下に引っ張られるので、肩こりの原因に。重いウールのコートよりは、軽くて温かいダウンジャケットがおすすめです。

 

血圧と肩こりは実は関係があります。

肩こりは血行と関係があります。ですから、血圧が低い=血液が流れる圧力が小さい人は、肩こりになりやすい傾向があります。

もちろん、血圧が高いと健康リスクがあります。しかし、血圧は低くてもよくありません。低血圧がよくない点の一つが肩こりで、特に夏場は注意が必要になります。

低血圧の人は、血液を押し出す力が弱いので、全身に酸素が行き渡りにくく、肩こりの原因である乳酸も溜まりやすくなっています。そこに、夏場気温が高くなると通常よりも血管が広がるため、血液を流すためにより多くの力が必要になり、ますます血流が悪くなってしまうのです。加えて、クーラーなどの影響もあり、しつこい肩こりに悩まされることになります。

ちなみに、WHOによれば、次の場合に低血圧とされています。
血圧の上の数値(最高血圧):100mmHg以下
血圧の下の数値(最低血圧):60mmHg以下

自分の血圧よく知らない方も、こんな症状があったら要注意です。一度、血圧を測ってみることをおすすめします。
・しつこい肩こり・頭痛
・眼精疲労
・疲れやすい
・寝起きが悪い
・小食であまり食べられない
・よく眠れない

 

改めて考えたい、肩こりのメカニズム

つらい肩こり。何とかしたいけれど、なかなよくならない。
どうしてなんだろうなぁ…と思いますよね。

そこで、改めて考えたいのが、肩こりのメカニズムです。
肩こりの原因が分かれば、対策もできます。

肩こりは、首〜肩の筋肉が緊張し、血行が悪くなることで起こります。血行を悪くするのは、疲労したときに出る乳酸という物質です。乳酸は筋肉を硬くしてしまい、その結果、肩の血行を邪魔するようになります。血行が悪くなると、痛みを引き起こす物質が多く出ます。痛みを引き起こす物質が多く出ると、血管がぎゅっと縮むので、ますます血行不良に。これが肩こりの原因の一つになっています。

ただし、やっかいなのは、血行が悪くなる原因が人それぞれだということです。肩こりを揉みほぐせば一時的には楽になりますが、原因を何とかしないとまた肩こりになるだけです。一番良くないのは、同じ姿勢をずっと取り続けること。パソコン仕事や、長時間の車の運転やスマホの使い過ぎなどには気をつけましょう。

 

夏の肩痛は、これが原因かも!?

「一年中、肩こりしてるのよね」と言う方もいますが、中には夏場に肩こりがひどくなるという方もいます。それはどうしてなのでしょうか?

肩こりにはいろいろな原因がありますが、肩の血行が悪くなるというのは共通しています。血行が悪くなると、酸素や栄養が体に十分行き渡らなくなるので、筋肉が硬くなったり痛くなったりします。夏場、気温が高くなると、血管が広がります。すると血液が流れる圧力が弱くなってしまうので、血行が悪くなりやすいといわれています。さらに、夏はクーラーがかかった部屋で過ごすことが多いので、体を冷やしてしまい、ますます血行が悪くなります。

ノースリーブ姿で長時間エアコンがかかった部屋にいるのは、もってのほか。肩こりが起きやすくなるので、必ず一枚上着をはおるようにしましょう。職場では休憩時間を使ってストレッチをするなど、滞った血行を改善するように心がけたいものです。

 

育児中のママが気をつけたい5つの動作とは?

子どもを育てるのは、思っている以上に大変なこと。出産前のような調子で動いていると、知らない間に体が無理して悲鳴を上げることにもなりかねません。育児中は、特に次の5つの動作に気をつけましょう。

1.腕だけで抱っこしない
バッグや小さな荷物なら腕だけで持ち上げることもできますが、赤ちゃんは10kg近くにもなります。腕だけでひょいと持ち上げてしまうと、腰がグキッとなる場合も。いったん自分の体に引きつけてから抱っこするようにしましょう。

2.立ち座りを少なくする
畳や床での生活は赤ちゃんにとっては安全ですが、しょっちゅう立ったり座ったりすることで、膝痛や腰痛の原因になることがあります。上手にイスも使って、立ち座りのストレスを減らすようにしましょう。

3.ずっと同じ体勢で抱っこしない
同じ姿勢を取り続けていると、疲労物質が溜まって肩こりを引き起こすことがあります。体勢を適度に変えながら抱っこしましょう。

4.猫背を習慣にしない
赤ちゃんにかがみ込んで猫背になることが多いので、適度にストレッチをして背筋を伸ばしましょう。

5.いきなりガバッと起きない
授乳で夜中に起きるときには、いきなり体を起こさないようにしましょう。急に起き上がった瞬間にぎっくり腰になることもあります。

痛みやつらさを抱える前に、普段から気をつけて、予防することが大切です。

 

肩が痛く、辛くならない赤ちゃん抱っことは?

赤ちゃんを毎日抱っこしていて、肩凝りがひどい…。そんなお母さんはとても多いと思います。日々大きくなる赤ちゃんを抱っこするのは楽しみでもありますが、「体がキツいなぁ」とつい愚痴の一つも出るもの。少しでも肩への負担を減らすためには、こんなことに気をつけてみてください

1.体全体で抱っこする
腕だけで抱っこしようとすると、どうしても肩と腕に負担がかかります。腰をしかり据えて、赤ちゃんを体全体で包み込むようにして抱くと、力が分散するので肩が凝りにくくなります。

2.赤ちゃんの体と自分の体をくっつける
抱っこするときは、お互いの体をできるだけ近づけるように抱きます。赤ちゃんが身を反らしていると、赤ちゃんの体重をお母さんの肩と腰で支えなければならなくなってしまいます。

3.高めの位置で抱っこする
下のほうで抱けば抱くほど、赤ちゃんの体重が腕・肩に響きます。胸の前でしっかり抱いた方が長時間抱っこしても疲れにくくなります。

4.抱き上げるときはひざを曲げる
膝を伸ばしたまま赤ちゃんを抱き上げると、腰と肩に大きな力が加わってしまいます。抱きあげるときは、ひざを少し曲げてかがむようにしましょう。

赤ちゃんを長く抱っこしてあげられるよう、工夫してみてくださいね。

 

こんな寝方が肩こりの原因かもしれません

よく眠れないと、一日なんだかすっきりしませんね。
よい眠りは人間にとって、とても大事。
ましてや、育児で忙しいお母さんなら、
毎日の睡眠に気を配っておきたいものです。

特に、肩こりに悩まされている人は、
睡眠を一度見直してみませんか?

肩こりとの関係で大事なのは、枕の高さと寝返りです。
合わない枕を使うと肩の血流が滞ります。
また、寝返りができないと、同じところに力がかかりつづけるので、
体の一カ所がうっ血してしまいます。

筋肉が縮まって、固くなってしまうのが肩こりですが、
合わない枕を使ったり、寝返りできないような寝方をすることで、
血流が滞り、肩こりを引き起こすことになります。

たとえば、こんな環境で寝ていませんか?

・ふわふわ柔らかい枕やマットレスが好き
・仰向け寝よりも、うつぶせ寝が好き
・高い枕が好き

このようなことがあると、
寝返りが打ちにくくなり、肩や首に負担がかかってしまいます。

寝ている間の環境を少し整えるだけで、
肩こりが解消するかもしれません。

ぜひ一度チェックしてみてください。