fbpx

MENU
スタッフブログ

骨盤の歪みを自分でチェックする方法

投稿日時:2020年05月19日

骨盤が目に見えない部分なので、自分で歪んでいるとはなかなか気がつきません。

ただし、骨盤が歪んでいるかどうかをセルフチェックすることはできます。

意外と簡単な方法なので、ぜひ一度やってみてください。

 

まず、立って、目の前に目印を付けておきます。

それから、そのまま目を閉じて50回足踏みしましょう。

50回足踏みしたら、目を開けて、印をつけているところからどれくらいズレているかをチェックします。

ズレている方角のほうの骨盤が歪んでいると一般的にはいわれています。

(100%ではありません。)

 

もし、骨盤が歪んでいるなと感じたら、近くの専門家に一度チェックしてもらうとよいかもしれません。

そのまま放置してしまうと、歪みが大きくなる可能性も出てきます。

骨盤矯正を行っているところなどに気軽に相談してみましょう。

骨盤矯正では、矯正するだけが目的ではなく、骨盤の状態のチェックも大事であると考えています。

見えない部分だからこそ、丁寧なケアが大事。

 

専門家に相談しながら、適切なケアを施していきましょう。