MENU
スタッフブログ

小顔を実現する表情筋とフェイスラインの鍛え方

投稿日時:2020年01月07日

小顔矯正では、フェイスラインを引き締めて、その方が本来持っているフェイスラインを引き出すようにします。

フェイスラインは日頃の癖や表情筋の衰えなどで、歪んだり、たるんだりしてきます。それを少しづつ改善して、フェイスラインを引き締めるのです。

 

矯正を受けるのも手軽でよいですが、自宅でできるセルフケアもあります。

 

普段から心がけておけば、歪みやたるみを予防できるかもしれません。

表情筋を鍛えるのに大事なのは眼輪筋や頬筋、大頬骨筋など顔全体の筋肉をまんべんなく動かすこと。

そのために簡単にできるトレーニングとしては、大きく口を開けて「あいうえお」を唱えるものがあります。

 

行うときのポイントは、鏡を見て口の形を確認しながらゆっくり行うことです。

大きく口を開けて、一つひとつの音をはっきり発音するようにしましょう。

顔がじんわり温かくなってきたら、うまくできている証拠です。