爪でみる健康状態

投稿日時:2019年06月25日

身体のどこかに不調があると、あちこちに兆しが見えてきます。いろいろなところが痛くなったり、喉が渇きやすくなったり、か

らだがだるくなったりすることがありますよね。

 

小さな部分ですが、爪も身体の健康度をはかるバロメーターになります。

爪はタンパク質からできていて、髪と同じように毎日少しずつ成長していきます。

ですから、身体が栄養不良だったり、体調が悪かったりすると、いろいろなかたちで不調を知らせるサインを出すようになるので

す。

 

たとえば、爪がスプーンのように凹んでしまうスプーン爪は、貧血のときに起こります。

呼吸器系の病気があるときには、バチ爪という爪になってしまうこともあります。

 

二枚爪は感染症を引き起こしているケースがあり、爪に横シワが入るときは、不規則な生活が爪の生育に影響してしまった可能性

があります。健康状態がすぐれないときは、爪の色もピンク色ではなくなってきます。

 

女性はマニキュアをする方も多いですが、マニキュアを落としたときは、爪の状態をチェックしてみてくださいね。