O脚・X脚の方は、靴にもご用心

投稿日時:2019年06月11日

昔から「カモシカのような足」といいますが、スラッとまっすぐに伸びた足は、とても美しいですよね。でも、実際にはO脚やX脚

に悩んでいる方が大勢います。

 

足の長さや形には遺伝的な要素もありますが、それだけではありません。実は、O脚やX脚になる方には、それぞれ特徴的なクセが

あるのです。

 

O脚はひざが外に向いて開いてしまう足で、逆に、X脚はひざが内側に向いてしまう足をいいます。O脚やX脚は若い頃は見た目が

主に気になりますが、年齢を重ねてくると、ひざに痛みを感じはじめるケースがあるので注意が必要です。

 

O脚やX脚の方に気をつけて欲しいのは、歩き方や座り方もそうですが、靴底が減った靴を履き続けないこと。O脚は靴底の外側、

X脚は内側が減るので、そのままにして履き続けるといつまでも改善しません。

 

O脚やX脚の方に向けた専用インソールなども市販されています。自分がどちらのタイプなのか知ったうえで、こうしたものを上手

に利用して、少しずつ改善してみてはいかがでしょうか。