肩甲骨と骨盤、離れているけどつながっています

投稿日時:2018年08月06日

肩と腰、一見何の関係もなさそうに見えますね。でも、肩と腰は見えないところでつながっています。

肩甲骨は肩など上半身を支えています。一方、骨盤は股関節などとつながり、下半身を支えています。そして、肩甲骨と骨盤は背中の筋肉でつながっているので、
どちらが歪んでも硬くなっても、互いに影響を与え合います。試しにリラックスした姿勢で、肩甲骨をぎゅっとつけてみてください。すると、自然と骨盤が前に出て股関節が締まります。腰回りが締まることで足に力が入るようになるので、マラソンやランニングをする際は、肩甲骨を締めることを意識すべきだといわれています。

こんなふうに肩と腰はつながっているので、両方を使った運動をすると、どちらの動きもスムーズにいくようになります。たとえば、右ひじと左ひざ、左ひじと右ひざを交互につける運動をしてみましょう。背中の筋肉がほぐれ、肩と腰の歪みが改善されて、すっきりと気持ちよくなるのを実感できると思います。