夏の肩痛は、これが原因かも!?

投稿日時:2018年06月11日

「一年中、肩こりしてるのよね」と言う方もいますが、中には夏場に肩こりがひどくなるという方もいます。それはどうしてなのでしょうか?

肩こりにはいろいろな原因がありますが、肩の血行が悪くなるというのは共通しています。血行が悪くなると、酸素や栄養が体に十分行き渡らなくなるので、筋肉が硬くなったり痛くなったりします。夏場、気温が高くなると、血管が広がります。すると血液が流れる圧力が弱くなってしまうので、血行が悪くなりやすいといわれています。さらに、夏はクーラーがかかった部屋で過ごすことが多いので、体を冷やしてしまい、ますます血行が悪くなります。

ノースリーブ姿で長時間エアコンがかかった部屋にいるのは、もってのほか。肩こりが起きやすくなるので、必ず一枚上着をはおるようにしましょう。職場では休憩時間を使ってストレッチをするなど、滞った血行を改善するように心がけたいものです。