理想の小顔ってどんなもの?

投稿日時:2018年06月04日

「小顔でいいね」というのは女性にとっては嬉しい褒め言葉ですが、顔が小さければ美しいかというとそうでもありません。バランスが取れた美しい小顔とは、どんなものでしょうか?

美しい小顔を作るためには、2つポイントがあるように思います。骨格が歪んでいないことと、表情筋が発達していることです。

顔の骨格が歪んでしまうと、エラが張ったり、左右のバランスが悪い顔になることがあります。顔の骨格は、ほおづえや片噛みのクセなどでも歪みますから、注意が必要です。

また、表情筋が弱くなると、笑顔が作りにくくなり、表情が乏しくなります。さらに、筋力が落ちることで顔がむくみやすくなるので、頬がたるんで顔が大きく見える原因になります。血行が悪くなるので、顔色がすぐれなくなりますし、新陳代謝が悪くなるので、老廃物が溜まりやすくなって年齢よりも上に見られてしまうかもしれません。頬の毛穴が目立つようになったら要注意です。
美しい小顔は、整った骨格と豊かな表情筋で作られます。お悩みがある方は、ぜひ一度専門家にご相談ください。