MENU
スタッフブログ

院長のおばあちゃんのすべらない話~畑泥棒~

投稿日時:2011年11月18日

 

夜分失礼します^^

普段は真面目なブログですがたまには笑いを・・・。

 

私のおばあちゃんは天然です。

 

おもしろエピソードを紹介します。

 

肩の力を抜いて笑ってください。

 

 

では、私の愛すべきおばあちゃんのエピソードです。

 





私がまだ開業前の実家住まいの時の話です。


うちのおばあちゃんは詩が好きな様で

有名な方の詩を読んだり、自分で創作しています。



ある日、僕の部屋を叩く音が

「ドンドン!」

「はい~」


「ゆうさん!(おばちゃんは私をこう呼ぶ、勇作なので)この詩の作者が

誰か調べてくんしゃい!」


佐賀出身なのでなかなか佐賀弁が抜けない。



パソコンでちょちょっと検索!


「おばあちゃん、これは○○さんが作者やで!」


「ほ~この箱はすごかね~なんでも出でくるね~」


もちろん箱とはパソコンのことである。






また、ある日は


「この本が欲しか~!」


目の前でアマゾンを開き、注文。



「二日でこの本が届くわ!」


「ほんに(本当に)この箱はすごかね~魔法の箱ばい!」



ちなみに耳が遠いので基本的に私は大声である。



この地点でおばあちゃんの認識では


パソコン=不可能な事が無い魔法の箱


と決定したのである。




数日後おばあちゃんが急ぎ表情で僕の部屋に来た。


「ゆうさん、畑に泥棒が入ったと~

 調べてくんしゃい!」


「どうやって?」












おばちゃんが自信満々でパソコンを指差したのはいうまでもない。

人気ブログランキングへ