「安全速度」で事故を防止

投稿日時:2014年03月15日

事故が起こるのって速度を飛ばしてる人だけでしょ?

私は規制の速度をいつも守っているから私には関係ないわ~

 

とみなさん思いがちなんですが、

実は・・・

事故のほとんどは時速40キロ以下で発生しています。

時速40キロは時速50キロよりも安全運転ということにはならないのです。

同じ速度でもその場の状況によっては危険な場合も大いにあります。

 

したがって、「安全速度」は事故を回避することすることが

十分に可能であるスピードにコントロールをすることが大事です。

low  ziko_190-160  banner  atizu

zikan

 

豊中市の交通事故施術