O脚矯正

美しい姿勢で正しく歩くレッスンを!

姿勢よく歩いている姿は、それだけで美人に見えるものです。美しい歩き姿は、女性としてぜひマスターしておきたいもの。正しい歩き方をすれば、体も健康でいられます。

まず、正しい立ち姿勢を取ります。正しい姿勢を取るためには腹筋と背筋が必要になりますが、これが意外と弱っているもの。チェックするには、背中を壁につけて立ってみましょう。かかと、ヒップ、背中、後頭部までをしっかり壁につけ、つま先を少し外に開きます。この状態が正しい姿勢です。どこかつらい部分があれば、腹筋と背筋が不十分であるか、体のどこかが歪んでいる可能性があります。

次に、正しい歩き方をします。かかとから着地し、足全体で地面を踏みつつ親指に重心を移動させて、つま先で地面を蹴ります。これを先ほどの正しい立ち姿勢で行えば、すらりと美しい足で歩けるようになります。最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば、こちらの歩き方のほうが何倍も楽に感じられるでしょう。鏡を見ながら、ぜひ練習してみてくださいね。

やっていませんか?スマホでこんな姿勢

誰でも日常的に使っているスマートフォン。でも、電車や街中でスマホを使っている人を見ると、みな姿勢がとても悪いのが気になります。

スマホを使うときは、手元で操作をすることが多いので、スマホに屈み込む格好にどうしてもなってしまいます。いわゆる猫背です。

猫背には、いいことは何もありません。姿勢が悪いと首が疲れて肩こりの元になりますし、腰も痛くなります。また、スマホに目を近づけることになるので、眼精疲労や視力低下を引き起こす確率も高くなります。見た目にも、猫背は美しくないですし、年齢よりも老けてみられてしまいます。

スマホを使うときは、よい姿勢を意識してみましょう。大事なのは、スマホを持つ手を高くすることです。スマホはお腹の前ではなく、目の高さに持ちましょう。手が疲れるようなら、もう片方の手をスマホを持つ手の腕の下に添えて支えます。

スマホをいじっている時間は案外長いものです。体のあちこちに不調を起こしてしまいますから、くれぐれも姿勢には気をつけてくださいね。

 

体が歪む原因って一体何?

体が歪むといろいろと良くないことが起こるといわれますが、体が歪んでしまう原因にはどんなことがあるのでしょうか?

体が歪むというのは、背骨が歪んだり骨盤が歪むことをいいます。ケガなどを除けば、体が歪む原因には大きく3つあるといわれています。

1.悪い姿勢
デスクワークでずっと座りっぱなし、いつも同じ姿勢で作業している、前傾姿勢でパソコンやスマホを長時間いじっているなど、悪い姿勢をずっと続けていると、骨や筋肉が固くなってしまい元に戻りにくくなります。

2.悪いクセ
片方の足で立つ、いつも決まったほうの足を上にして組む、バッグを片方の肩にかけている、ほおづえをつく、高いヒールの靴を履くなど、悪いクセがあると背骨や骨盤が歪みやすくなります。

3.ストレス
ストレスが溜まると体が緊張するので、不自然な姿勢を取りやすくなります。首を縮めたり猫背になったりするため、血流が悪くなり筋肉が凝り固まってしまいます。

こうしたことは、誰にでも起こることですから、背骨や骨盤は誰でも歪みやすいといえます。気になる人はぜひ一度お近くの矯正を行っている院で歪みをチェックしてもらってはいかがでしょうか?

 

育児中のママが気をつけたい5つの動作とは?

子どもを育てるのは、思っている以上に大変なこと。出産前のような調子で動いていると、知らない間に体が無理して悲鳴を上げることにもなりかねません。育児中は、特に次の5つの動作に気をつけましょう。

1.腕だけで抱っこしない
バッグや小さな荷物なら腕だけで持ち上げることもできますが、赤ちゃんは10kg近くにもなります。腕だけでひょいと持ち上げてしまうと、腰がグキッとなる場合も。いったん自分の体に引きつけてから抱っこするようにしましょう。

2.立ち座りを少なくする
畳や床での生活は赤ちゃんにとっては安全ですが、しょっちゅう立ったり座ったりすることで、膝痛や腰痛の原因になることがあります。上手にイスも使って、立ち座りのストレスを減らすようにしましょう。

3.ずっと同じ体勢で抱っこしない
同じ姿勢を取り続けていると、疲労物質が溜まって肩こりを引き起こすことがあります。体勢を適度に変えながら抱っこしましょう。

4.猫背を習慣にしない
赤ちゃんにかがみ込んで猫背になることが多いので、適度にストレッチをして背筋を伸ばしましょう。

5.いきなりガバッと起きない
授乳で夜中に起きるときには、いきなり体を起こさないようにしましょう。急に起き上がった瞬間にぎっくり腰になることもあります。

痛みやつらさを抱える前に、普段から気をつけて、予防することが大切です。

 

猫背には筋肉も関係があります

猫背は、姿勢をよくしないからだと思う人が多いと思います。
でも、姿勢をよくしたいけれどできないという場合があります。
それは、筋肉が衰えてしまっている場合です。

人の体は骨と筋肉で支えられているので、
筋肉が弱いと骨格を支えきれず、体が歪みます。

筋肉が落ちていると、猫背になりたくなくても、
知らない間に猫背になってしまうことがあるのです。

猫背になってしまうのは、背中と骨盤周りの筋肉が少ないとき。
背骨と骨盤が重い頭を支えきれなくなり、前屈みになってしまいます。

それでも、体は一生懸命支えようとするので、
いろいろなところに負担がかかって、あちこちが痛くなります。

重要なのは「インナーマッスル」という筋肉です。
体の深いところにある筋肉がとても大事です。

赤筋とも呼ばれ、基礎代謝に関係があるので、
鍛えるとダイエットなどにもよいと言われています。

インナーマッスルを鍛えるには、
有酸素運度がよいので、
まずは姿勢正しくウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

首が短くなったと感じたら○○が心配です!

最近なんだか首が短くなっているような気がする…
首が前より太くなったかもしれない…

こんなことはありませんか?
もし、あったらそれは猫背のサインです。

そして、猫背だけでなく、顔が大きく見えるというデメリットもあります。
小顔の人には共通点があり、
みな首からデコルテ(鎖骨)までのラインがすっきりきれいです。

つまり、小顔に見せるには、
猫背を治して首をほっそり長く見せることが大事になります。
猫背を治せば、小顔効果もついてくるというわけです。

小顔になると、印象が軽やかになります。
ふんわりしたワンピースや優しい色合いのニットなども
よく似合うようになります。

ロングヘアも重たくならず、おしゃれに決まるように。
小顔にはいいことがいっぱいありますね。

いつもよりも首がつまって見えるようなら、
姿勢が悪くなっています。

きれいな小顔を手に入れるためにも、
よい姿勢を意識してみてください。

ストレートネックを知っていますか?

ストレートネックという言葉があります。
文字通り、まっすぐな首のことをいいます。

人間の首の骨は、本来S字にカーブしています。
このS字がなくなってまっすぐになってしまうのがストレートネックです。
首の筋肉が少ない女性に多いともいわれています。

背骨と首はゆるくカーブすることで、頭を支えています。
歩くときに受ける衝撃もまっすぐではなく曲がっているのでソフトに受け止めることができます。
しかし、このカーブがなくなってしまうと、
頭の重さや衝撃がダイレクト背骨や首にかかってしまいます。

その結果、肩こりや頭痛、手のしびれなどを引き起こすことがあります。

このストレートネックは、日頃の姿勢が原因です。
パソコン仕事などで、首を前に傾けて前かがみの姿勢をしていると、
ストレートネックになりやすいといわれています。
同じように、猫背の人もなりやすいです。

逆に、姿勢が良すぎて、いつも首がまっすぐな人もストレートネックにはなりやすいので、
注意が必要です。
あくまで自然体の姿勢のよさが大事です。

ダイエットと猫背との意外な関係

キレイに痩せたいと願う女性は大勢います。
世の中にはいろいろなダイエット方法がありますが、
猫背もダイエットに関係することを知っていますか?

姿勢とダイエットには、実は関係があるのです。
特に「ぽっこりおなか」の人は猫背をチェックしてみてください。

猫背というのは、背中が丸まって背中にある肩甲骨が開き、
肩が体を覆うように前に出ます。

そうすると、おなかの筋肉が弱くなるので、
ポッコリおなかになってしまうというわけです。

試しに、姿勢を正しくしてみてください。
胸を開くようにして姿勢を正すと、意外と腹筋を使うことに気がつくはずです。

実はこれがダイエットにつながります。
猫背を治そうと姿勢を意識すると、腹筋が鍛えられるので、
お腹周りのダイエットにもよい効果が生まれます。

また、姿勢が良くなると呼吸も深くなり新陳代謝もアップします。

いろいろなダイエットを試しているという人は、
ぜひ猫背にも気をつけてみてくださいね。

猫背は意外と自分では気がつかないものです

「私は猫背じゃないから大丈夫」
・・・と思っている人が、実はとても多いです。

猫背かどうかは、外から見ないと分からないので、
自分ではなかなか気づきにくいもの。

ふと鏡に映った自分の姿にビックリした!
なんていう人も少なくありません。

猫背=背中が丸まってしまうのは、誰にでもあること。
ただこれがクセになってしまうと困ったことがいろいろ起きます。

逆に、何か困った症状が起きている場合、
それが猫背のサインということがあります。

たとえば、
・肩こりがいつもひどい
・気がついたら下を向いている
・体のラインが崩れてヒップダウンしてきた

こんなときは、もしかしたら猫背になっているかもしれません。

また、周りの人にチェックしてもらうのも大事です。
長い時間一緒にいることが多い家族や職場の同僚などに、
無意識にしている姿勢をチェックしてもらいましょう。

「ちょっと姿勢が悪いかも?」
と言われたら、整骨院などに一度相談してみることをおすすめします。

受験生は丸まった背中に要注意!

当院には親子連れの方も多くいらっしゃいます。
「子どもの姿勢が悪いのが気になる」というママさんも多く、
受験生をお持ちの親御さんがたくさん来院されます。

机に長時間向かうと、どうしても猫背気味になってきます。
椅子に浅く腰掛けると、あごを知らない間に前に出してしまうからです。

猫背を改善するコツはいくつかあります。
・椅子と机の高さを調節する
・定期的に背骨を伸ばすストレッチをする
・椅子にクッションなど腰当てを置く

猫背の状態が続くと、肩こりや頭痛が起こりやすくなり、
疲れやすくなるので集中力が持たなくなります。

せっかく頑張って勉強しているのに、
全然頭に入らないということも。
これではもったいないですもんね。

猫背の状態や改善方法などは当院でもご相談いただけます。

しかし当院は産後のママ専門院なので、お子様の受診に関しては親御様が当院に通っている方に限ります。

まずは親御様が当院の矯正や治療、理念などをご理解、体感、納得いただいた上でという趣旨でございます。

 

猫背矯正で正しい姿勢を身につけて、
正しく美しい姿勢で受験勉強を頑張りましょう!