むち打ち・交通事故

むち打ち直後にぜひ気をつけておいてほしいこと

むち打ちになってしまったときは、ケガをした直後にいかに適切な処置をするかが、その後の経過に大きく影響してきます。

むち打ちはねんざの一種ですから、まずは安静が第一です。衝突の力によって首に無理がかかり、筋肉やその他軟部組織を傷めるのがむち打ちです。ですから、できるだけ動かさないように気をつけなければなりません。頸椎カラーという器具で首を固定することもあります。動かすと、筋肉や軟部組織の炎症がひどくなってしまいます。痛いからといって揉んだり温めたりしてはいけません。

炎症を鎮めるために、湿布やアイシングを行うのも効果的です。氷嚢や市販のコールドパックなどを使って、ケガの箇所をスポット的に冷やします。あまり長時間当てていると、凍傷になるおそれもありますから注意してください。湿布は冷やすためというよりも、消炎や痛み止めの目的で使われることが多いようです。

むち打ちになってしまった直後は、安静にして冷やすこと。これが大切です。

むち打ち治療で転院した場合について

むち打ちなど、交通事故によるケガの通院先は、患者さんが自由に選べます。事故直後にかかった病院にずっと通い続けなければならないと思っている方も多いのですが、そんなことはありません。後で転院することも可能です。

最初に診てもらった医療機関に通っているけれど、あまり症状が軽くならないといったことがあれば、通院先を代えてもまったく構いません。整形外科から整骨院へ代えても問題ありません。

通院先を選ぶときに大切なのは、通いやすさと信頼できるかどうかです。むち打ち治療はほとんどの場合、一回の治療では終了しません。何度も足を運ぶことになりますので、通いにくいところでは困ります。また、長い治療になるわけですから、よく話を聞いてくれて、安心して任せられるところを選ぶとよいでしょう。

ただし、転院した際は、転院を保険会社にきちんと伝えておいてください。保険会社には最初にかかった医療機関ですでに申請していますので、トラブルを未然に防止するためです。

 

つらいむち打ち、整骨院ではこんな施術を行っています。

交通事故に遭ってしまっただけでもつらいのに、首や肩の痛みまで抱えるのは、とても大変なことです。適切な手当てをして、できるだけ早くつらさから開放されたいものです。

むち打ちはいわば首のねんざです。ですから、ケガをした直後は、安静にして冷やすことが大切になります。痛みがある程度おさまってきたら、少しずつ動かしながら固くなってしまった関節や筋肉に施術していきます。

整骨院では、ケガをしたところを温めながら、手技で施術したりストレッチをしたりしていきます。あくまで無理をせず、様子をみながら少しずつ、がポイントです。あせらず行っていきましょう。

むち打ちは、早めの手当てが大切です。放置してしまうと、治りも悪くなってしまいます。首や脊椎は人間の体を支える大事なところですから、できるだけ早く診てもらうことをおすすめします。

首や肩が痛い、手足にしびれがあるなど、何かお悩みのことがあれば、むち打ちについて経験豊富な当院へ、どうぞお気軽にご相談ください。

 

実は、むち打ちにもいろんな種類があります。

「むち打ち」とひとことで言いますが、実はいろいろな種類があるのをご存じでしょうか?今日は、あまり知られていないむち打ちの種類について、お伝えします。

一番多いのは「頸椎捻挫(けいついねんざ)」です。背後から衝突された衝撃で、首の筋肉や靭帯を傷めるために起こります。

衝撃が大きくて神経や脊髄まで傷めてしまうと「神経根症(しんけいこんしょう)」になることもあります。手や腕、指に力が入らなかったり、しびれたりする場合には注意しましょう。

「バレ・リュー症候群」というのもあります。これは交感神経に異常が出るもので、耳鳴り、めまい、吐き気などの症状があります。

また、最近問題となっているのが「脳脊椎液減少症」です。脳脊髄液がもれてしまい、いろいろな症状を引き起こします。むち打ちはよくなってきたけれど、どうも毎日疲れやすい、以前よりも疲れやすい、気持ちが滅入るといったような症状があれば、一度医療機関を受診してみましょう。

 

むち打ち治療は当院にご相談ください

当院のむちうち治療には、こんな人が多く訪れています。

・病院で検査したが、レントゲンには何も異常がないと言われた
・いつまで経っても首の痛みが治らない
・しびれが断続的に起こってきて、なかなかよくならない
・いつ治るのか不安がある

むち打ち治療のやっかいなところは、
骨などには異常がないので、病院で検査をしても異常が見つからないこと、
一種の捻挫なので、ゆっくり時間をかけて治す必要があること、
痛みや症状の出方などに個人差が大きいことなどです。

不運にも交通事故にあってしまい、
むち打ちの症状があったら、
まずは受診することをおすすめします。

病院で骨に異常がないかを確認してもらうことは大事です。
しかし、レントゲンに異常がなければ湿布が処方されるだけなので、
痛みや治療に不安があるようでしたら、ぜひ整骨院に相談してください。

交通事故治療の経験豊富な整骨院であれば、
いろいろな症例も診てきているので、
安心して相談できます。

当院でも、むち打ち治療を行なっていますので、
いつでもお気軽にご相談ください。

むち打ちの治療で大切な3つのこと

追突事故などでむち打ちになってしまったら、
気をつけたいポイントが3つあります。

つらい症状をできるだけ早く改善するために必要なことですので、
お伝えしておこうと思います。

◎痛みがあるうちは安静にして過ごす
事故から数週間は痛みが出ます。
重い人になると一ヶ月も痛みが続くことも。

痛い=患部が炎症を起こしている場合があるので、
まずは安静にしてくださいね。

◎受診してなるべく早く治療を始める
むち打ちを放っておくと、治りにくくなってしまいます。
むち打ちの自覚症状があったら、まずは受診しましょう。

専門家に診てもらって、どこがどうなってしまったのかを確認してもらい、
今後の治療計画を立てます。

痛みの対処法も教えてくれますよ。

◎継続してしばらく通う
むち打ちは、残念ながら一度の通院では治りません。
なるべくこまめに通って、様子をみながら少しずつ治療してもらうことになります。

そのため、できるだけ近くの整骨院を選ぶとよいでしょう。
当院は全国交通事故治療院認定院です。

 

事故の取り扱い例も豊富なのでお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

交通事故で多いむち打ちとは?

交通事故で多いのがむち打ちの症状です。
どうしてこの名前がついたかというと、
ドンと衝突したときに、頸椎がしなったむちのようになるからだそうです。
分かりやすいネーミングですね。

普通は事故から一ヶ月経過しても
いつまでも良くならないと、当院にいらっしゃる方も少なくありません。
その方はおそらく、事故直後のケアが足りなかったのではないかと思います。

むち打ちは診断書にも書かれる様に首の捻挫のようなものなので、
まずは患部を安静にし、その後に施術を行います。

痛みがおさまってきたら、施術の内容を徐々に変えていきます。

当院では患部と患部の痛みに関係する部分も、手技療法や温熱療法、電圧療法で改善を図っていきます。
事故の症状期間の過ごし方にもコツがありますので、
プロに任せて頂くほうが安心ではないかと思います。

当院は交通事故治療の経験が豊富ですので、
一度ご相談ください。

交通事故治療に特化してます!

DSCF5847_TP_V

 

交通事故のなかで最も多いけがは、むち打ち症(頸椎捻挫)ですが、

受傷直後はあまり症状がでないことが多いので、病院でレントゲンをとっても異常なしと言われるのがほとんどです。

 

時間の経過と共に頸椎のズレ(その他、腰椎・胸椎のズレ)が起きそのため首の痛み・運動痛及び運動制限、後頭部・背部・肩・上腕部にも痛みが放散します。

しかも頭痛、吐き気、めまい、上肢のしびれ等も伴うこともあります。

当院にはむち打ちや事故の怪我で通う方が多くいらっしゃいますし、その数多くの治療実績もございます。

もし交通事故を起こされましたら、一度ご連絡ください。

現在、他の病院(整形外科・接骨院等)に通院されている方でも転院は可能です!

お盆期間中の事故に注意

8月の中旬に帰省するという風習が強まり、

大都市から帰省する人が多いですね。

人が増えれば事故も少なからず増えるものです。

去年の交通事故発生状況を調べてみますと・・・

 

交通事故発生状況

  • 期間:平成27年8月8日~17日
  • 発生件数:13,335件
  • 死者数:106人(年同期と比べて、18人増加)
  • 負傷者数:17,353人

65歳以上の高齢者が49人で、全体の46.2%を占めています。

死者数がもっとも多かったのは、北海道で9名の方が亡くなっています。

 

交通死亡事故ワースト3

  1. 北海道:9人
  2. 千葉県、神奈川県、兵庫県:6人
  3. 大阪府、愛知県:5人

死者数0は、奈良県、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、高知県、長崎県、宮崎県でした。

P1030328_TP_V

 

お盆開始、いわゆる下りに関しては事故の件数は多くありません。
しかしお盆終了、いわゆる上りに関しては事故の件数が約3倍に上がります!

道路の渋滞や疲労による注意力の低下に、気をつける必要があります。余裕をもった計画と適度な休息が大切です。

 

もし事故に遭われたら、警察→損保→治療 を行ってください。

治療せずにご自分の身体を放置しますと必ずと言っていい程

さまざまな後遺症が残ります。

当院は全国交通事故治療院でして弁護士も提携しておりますので

治療以外のサポートもお任せください。

もし交通事故に遭われた際は 当院にお任せください。

 

自転車・バイクの事故治療もお任せ!!

 

 

当院は自転車・バイクの事故治療も受けれます。

自転車やバイクも乗り心地の良い季節となり

そのぶん事故も多くなるケースがあります。

 

ではまずもし事故になった場合を説明します。

相手がバイク、原付、自転車事故だった場合のお話をします。

KENTA852_douropunk_TP_V

 

交通事故の治療は対車のみに適応されると思われがちですがバイク、原付、自転車の事故の場合にも適応されます。

 

どういった仕組み化と申しますと通常公道を走る車両というのは

自賠責保険(強制保険)というのものに必ず加入しなければなりません。

仮にあなたが歩行者で原付と事故をした場合でもかならず原付には

自賠責保険に加入義務がございますので相手方の自賠責保険を使って治療や補償を受ける事になります。

 

自転車、バイク、原付、マリンスポーツなど多くの場合自賠責、損害保険が適応

更に最近は自転車にも自賠責保険やその他損害保険をかける方も増えているので、

もし自転車と事故した場合でも治療や補償を受けれる場合がございます。

たまに、交通事故に関するニュースとして自転車用の保険も取り上げられていますね。

更に一般的にはあまり知られていないのですがマリンスポーツなどのケガにも保険は使えます。

危険を伴う競技やアクティビティには保険加入をしている場合がほとんどですので万が一、

むち打ち、打撲などのケガをした場合にも当院にご相談ください。

事故でお悩みの方はぜひご相談ください