すべらない話

院長のおばあちゃんのすべらない話~春日八郎さん~

この間おばあちゃんに久しぶりに会ってきました。

とは言っても1ヶ月ぶりですが^^

本編の前によかったらクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとうございます。

なんかこのシリーズ人気ですね^^

アクセスが違います(笑)


では。

 

おばちゃんはもっぱらカセットテープ派なのですが

さすがにラジカセの劣化とそもそもカセットテープの入手の難易度が高くなってるので

私の母がCDラジカセをプレゼントしていました。

 

となるともちろん私のおばあちゃんはとうとうCDデビューとなるんですが

なんだかCDケースがおかしなことになっていました。

 

ゴムで止めてあるのです(笑)

 

「おばあちゃんこれどうしたん!?」

とたずねると

「いっちょん閉じ方が分からんけん。

(全然閉め方が分からないから)

そげんしおっと!

(そうしてる!)」


CDのふたを開けると歌詞カードがカオスな状態に。

 

百聞は一軒にしかずです。

割れても無いのに

本来の留め方をしていないCDケースはこれだ~

 

1

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3


 

 

 

 

 

 

 

 

院長のおばあちゃんのすべらない話~youtube~

 

演歌が好きな私のおばあちゃん。

「春日八郎さん」が好きとよく言っている。

おばあちゃんは演歌を聴く時、専らカセットテープで聞いている。

 

爆音で。

 

 

また、私の部屋での話である。

「春日八郎さんの歌がほしか~」

どんな歌か分からないので

youtubeで検索して聞かせてあげた。

 

「すごか~ほんにこの箱(パソコン)はすごか~音もでるとね!」

「顔も出んで、おばあちゃん!」

 

春日八郎→画像検索

たくさん彼の写真が出てくる。

「ほしか~すごか~この箱ほしか~」

 

 

ついにパソコンを欲しいといい出した。

 

 

「けど、おい(私)はこい(これ)ができんもん!あはははははははは!」

 

とキーボードを叩く動作をして大笑いしている。

 

 

 

 

 

 

そして神妙な顔をして一言

 

 

 

 

「この箱もってる人間は○○(住んでいる場所)には二人とおるまい。」

人気ブログランキングへ

 

院長のおばあちゃんのすべらない話~噂の○○おばちゃんレビュー~

 

2回目ですが院長のおばあちゃんのすべらない話です。

一回目→http://warakuseikotuin.com/blog/archives/288

 

私は父が佐賀、母が鹿児島と九州の家系である。

昔は家族全員でよく九州に帰っていたが

なかなか全員の時間が合わず昔より里帰りの頻度は下がっていた。

 

 

おばちゃんが

「佐賀に帰りたか~~!!」

とどうしても約1ヶ月に渡って駄々をこねるので

私と、父とおばちゃんで佐賀に帰ったときの話である。

 

 

うちのおばちゃんでは体力的に駅に行ったり、空港に行ったりはしんどいので

車で帰ることになった。私と父で交代しながらの運転。

 

旅路の途中で車を留め、トイレ休憩をしているとおばあちゃんが土産を買いたいと言った。

買い物について行き、購入。

 

「噂の○○」という商品を買った。(○○にはおばあちゃんの好きな食べ物の名前が入ります。あえて伏せときます。)

 

おばあちゃんを車に戻し、私はトイレに行った。

車に帰るとおばちゃんはさっき「お土産用」と行って買った○○を

余裕で食べている!!アンビリーバボ!!

 

 

「おばちゃん!お土産って言うてたやん!」

 

これが一番的確な突っ込みだと思う。

 

そんな私の突っ込みを無視。

 

 

 

そして、おばあちゃんの口に合わなかったのか

口をもぐもぐさせ、商品名を確認する為に視線を一回落とし

その後窓を見つめ遠くを見ながらこう言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「悪い噂みたいやったの」

 

人気ブログランキングへ

院長のおばあちゃんのすべらない話~畑泥棒~

 

夜分失礼します^^

普段は真面目なブログですがたまには笑いを・・・。

 

私のおばあちゃんは天然です。

 

おもしろエピソードを紹介します。

 

肩の力を抜いて笑ってください。

 

 

では、私の愛すべきおばあちゃんのエピソードです。

 





私がまだ開業前の実家住まいの時の話です。


うちのおばあちゃんは詩が好きな様で

有名な方の詩を読んだり、自分で創作しています。



ある日、僕の部屋を叩く音が

「ドンドン!」

「はい~」


「ゆうさん!(おばちゃんは私をこう呼ぶ、勇作なので)この詩の作者が

誰か調べてくんしゃい!」


佐賀出身なのでなかなか佐賀弁が抜けない。



パソコンでちょちょっと検索!


「おばあちゃん、これは○○さんが作者やで!」


「ほ~この箱はすごかね~なんでも出でくるね~」


もちろん箱とはパソコンのことである。






また、ある日は


「この本が欲しか~!」


目の前でアマゾンを開き、注文。



「二日でこの本が届くわ!」


「ほんに(本当に)この箱はすごかね~魔法の箱ばい!」



ちなみに耳が遠いので基本的に私は大声である。



この地点でおばあちゃんの認識では


パソコン=不可能な事が無い魔法の箱


と決定したのである。




数日後おばあちゃんが急ぎ表情で僕の部屋に来た。


「ゆうさん、畑に泥棒が入ったと~

 調べてくんしゃい!」


「どうやって?」












おばちゃんが自信満々でパソコンを指差したのはいうまでもない。

人気ブログランキングへ