育児中のママが気をつけたい5つの動作とは?

投稿日時:2018年01月08日

子どもを育てるのは、思っている以上に大変なこと。出産前のような調子で動いていると、知らない間に体が無理して悲鳴を上げることにもなりかねません。育児中は、特に次の5つの動作に気をつけましょう。

1.腕だけで抱っこしない
バッグや小さな荷物なら腕だけで持ち上げることもできますが、赤ちゃんは10kg近くにもなります。腕だけでひょいと持ち上げてしまうと、腰がグキッとなる場合も。いったん自分の体に引きつけてから抱っこするようにしましょう。

2.立ち座りを少なくする
畳や床での生活は赤ちゃんにとっては安全ですが、しょっちゅう立ったり座ったりすることで、膝痛や腰痛の原因になることがあります。上手にイスも使って、立ち座りのストレスを減らすようにしましょう。

3.ずっと同じ体勢で抱っこしない
同じ姿勢を取り続けていると、疲労物質が溜まって肩こりを引き起こすことがあります。体勢を適度に変えながら抱っこしましょう。

4.猫背を習慣にしない
赤ちゃんにかがみ込んで猫背になることが多いので、適度にストレッチをして背筋を伸ばしましょう。

5.いきなりガバッと起きない
授乳で夜中に起きるときには、いきなり体を起こさないようにしましょう。急に起き上がった瞬間にぎっくり腰になることもあります。

痛みやつらさを抱える前に、普段から気をつけて、予防することが大切です。