むち打ち治療で転院した場合について

投稿日時:2017年10月23日

むち打ちなど、交通事故によるケガの通院先は、患者さんが自由に選べます。事故直後にかかった病院にずっと通い続けなければならないと思っている方も多いのですが、そんなことはありません。後で転院することも可能です。

最初に診てもらった医療機関に通っているけれど、あまり症状が軽くならないといったことがあれば、通院先を代えてもまったく構いません。整形外科から整骨院へ代えても問題ありません。

通院先を選ぶときに大切なのは、通いやすさと信頼できるかどうかです。むち打ち治療はほとんどの場合、一回の治療では終了しません。何度も足を運ぶことになりますので、通いにくいところでは困ります。また、長い治療になるわけですから、よく話を聞いてくれて、安心して任せられるところを選ぶとよいでしょう。

ただし、転院した際は、転院を保険会社にきちんと伝えておいてください。保険会社には最初にかかった医療機関ですでに申請していますので、トラブルを未然に防止するためです。