下半身ぽっちゃり、それはO脚のせいかも?

投稿日時:2017年05月22日

「どうして下半身だけ太ってしまうんだろう?」
太り方にはいろいろなパターンがありますが、
上半身のわりに、下半身が大きくなってしまう人もいます。
下半身がぽっちゃりしてしまう原因の一つに
O脚があります。

下半身ぽっちゃりには3つのパターンがあります。
1つは脂肪がついて太る場合、
もう1つはむくみが生じて太る場合、
内蔵が下がってぽっこりおなかになってしまう場合です。

O脚は、足が外側に開いているので体の重心が安定しません。
そうなると、股関節や骨盤などが徐々に歪んできて、血液やリンパの流れが悪くなります。

そこで新陳代謝が悪くなるので、セルライトができやすくなり、
足がむくみやすくなるので下半身がぽっちゃりしてしまうというわけです。

また、骨盤が歪むことで内蔵が下がり気味になり、
おなかが出てきます。

「いろんなダイエットを試したけれど、下半身が痩せない」
という人は、もしかしたらO脚が原因になっているのかもしれません。

O脚なら、O脚矯正で治療することができます。
上手に活用して、きれいな足とスリムな体を手に入れてくださいね。