疲れやすいのはO脚のせいかもしれません

投稿日時:2017年04月03日

「毎日足が疲れるなぁ。」
「なんとなく体のだるさが取れない。」

もしかしたら、その疲れはO脚のせいかもしれません。

まず、O脚の人は、足そのものが疲れやすい傾向があります。
歩きながら重心が一定しないので、足に余計な負担がかかるのです。

また、全身で見ても、そうでない人に比べて数倍疲れやすいというデータがあります。
O脚は体の重心が中心ではなく外側にかかりますが、
これを上半身がカバーしようとして無理な姿勢を取るので、
全身が歪んでしまいます。

そして、体が歪むと体にいろいろな不調が表れます。
たとえば、消化器系など内蔵が圧迫されて働きが鈍くなったり、
血行が滞って、あちこちに痛みが生じたりうっ血したりします。

長い間正座すると血行不良になって足がしびれますが、
それと同じように、血行が良くないところの調子が悪くなるのです。

さらに、疲れやすいのであまり動かなくなり、
ますます疲労が溜まっていくことに。

これらを改善するには、O脚矯正がおすすめです。
当院でも行なっていますので、まずはお気軽にご相談ください。