むち打ちの治療で大切な3つのこと

投稿日時:2017年03月13日

追突事故などでむち打ちになってしまったら、
気をつけたいポイントが3つあります。

つらい症状をできるだけ早く改善するために必要なことですので、
お伝えしておこうと思います。

◎痛みがあるうちは安静にして過ごす
事故から数週間は痛みが出ます。
重い人になると一ヶ月も痛みが続くことも。

痛い=患部が炎症を起こしている場合があるので、
まずは安静にしてくださいね。

◎受診してなるべく早く治療を始める
むち打ちを放っておくと、治りにくくなってしまいます。
むち打ちの自覚症状があったら、まずは受診しましょう。

専門家に診てもらって、どこがどうなってしまったのかを確認してもらい、
今後の治療計画を立てます。

痛みの対処法も教えてくれますよ。

◎継続してしばらく通う
むち打ちは、残念ながら一度の通院では治りません。
なるべくこまめに通って、様子をみながら少しずつ治療してもらうことになります。

そのため、できるだけ近くの整骨院を選ぶとよいでしょう。
当院は全国交通事故治療院認定院です。

 

事故の取り扱い例も豊富なのでお困りの方はぜひ一度ご相談ください。