肩こりの人は枕をチェックしてみましょう

投稿日時:2017年02月27日

朝をおきて肩が辛い・・・
という場合は、一度「枕」をチェックしてみてください。

二本歩行する人間に独特の症状が、肩こり。
頭を支える時間が長くなったために、肩こりに悩まされるようになりました。
ですから、夜横になって寝ているときは、
首と肩を休めてあげないといけません。

ですが、合わない枕を使っていることで、
寝ている間もずっと首と肩が緊張したままになって人がいます。

仰向けに寝たとき、こうなっていませんか?
・あごが上がりすぎて苦しい
・首が下を向き過ぎて苦しい
どちらの状態でも、その枕はあなたに合っていません。

枕は頭ではなく、首を支えるものです。
横になると、背骨がS字型になっているために、首の後ろにすきまができます。
この部分に入れるのが枕です。

つまり、よい枕とは首の後ろに入れたときに、首のカーブにしっかり沿って、
首を支えてくれる枕ということになります。

このチェックポイントに照らし合わせて、
高すぎる枕、低すぎる枕、柔らかすぎる枕、固すぎる枕は、
いずれも頸椎に負担をかけるのでNGです。