股関節の柔軟さが大事です

投稿日時:2016年12月26日

お年を召してくると骨折をしやすいという話をよく聞きます。
これの原因の一つは、股関節が固くなって転倒しやすくなるからです。

年をとると股関節や関節周辺の筋肉が固くなるので、
若い頃よりも足の動きが鈍くなってしまうのです。

 

もちろん自分はまだ若くても今の内から
転倒を防止するには、股関節の柔軟性が重要になります。
股関節の柔らかさを維持するのは、実はとても簡単。
股関節を無理のない範囲で使い続けることです。

人の体は運動をすることで柔軟性を保っています。
ですから、年を取って運動しなくなると、どんどん関節が固くなってしまいます。

運動と言ってもスポーツをする必要はありません。
開脚などのストレッチ、散歩がてら歩く、プールで水中歩行をするなど、
少しの心がけで十分です。

ただし、毎日行なってください。
これが最大のコツです。

若い方でも、運動不足になれば同じように関節が固くなり、
体の機能が衰えてしまいます。

上手に使って、いつまでも若々しい体をキープしましょう。