O脚かどうか見分けるコツ

投稿日時:2016年11月07日

O脚、X脚など、いろいろな脚のかたちが言われていますが、
自分の足がどれなのか、正しく知っている人は少ないかもしれません。

O脚は、脚が外側に湾曲しているので、
脚に負担がかかりやすくなります。
歪んだままにしてしまうと、いきなり腰痛!なんてことにもなりかねません。

「自分はO脚なのかな?」
と心配な人は、まっすぐ立って次のチェックをしてみてください。

・太ももから膝、ふくらはぎまで隙間ができてくっつかない
・太ももはくっつくが、ひざ下に隙間ができる
・内くるぶしがくっつかない

当てはまるものがある人は、O脚の可能性があります。
ちなみに、O脚にもさまざまな種類があります。

O脚になってしまう原因はいろいろあります。
会社にお勤めで普段ハイヒールを履く人、
サイズの合わない靴を履いている人、
歩き方が悪い人など、日常生活が原因で起こります。

気になる人は、まずは検査してみてください。
今の脚の状態と、自分がどんなタイプのO脚なのかなどもチェック致します!