むち打ちのタイプと治療

投稿日時:2015年05月18日

一言に「むち打ち」といっても、タイプがあるってご存知でしたか?

通称”むち打ち”と呼ばれるものは
頸椎捻挫や外傷性頸部症候群と診断され、
首やその周辺の打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などの症状が多いです。
むち打ちは首を痛めることがほとんどですが
いくつかのタイプ別に分けることが出来ます。
〔頸椎捻挫型〕・・・肩が重い、首の筋肉の痛み
〔自律神経障害型〕・・・肩こり、頭痛、吐き気、耳鳴り
〔神経根損傷型〕・・・腕の強い痛み
〔脊椎損傷型〕・・・手足の麻痺     など
むち打ちは横になっていると症状が軽減し
立ち上がって頭の重力が身体にかかると症状が出ることが多いです
そのまま放っておいて良くはなりません。
必ず治療して下さい。
では、事故によるむち打ちの治療とはどんなものなのか?
まずは整形外科などでレントゲンで検査、診断書などをもらって頂いてから
整骨院に来られる方が多いです。
その後、整骨院で国家資格を持つ施術者が専門の治療を致します。
交通事故専門の治療とは?
当院では「ひたすら痛みのある場所だけを指圧するだけ」といった治療は決して致しません。
当院は”全国交通事故治療院”に加盟している治療院なので
経験豊かな先生が、患者様一人ひとりの治療を
その方に合った計画を立てて行っていきます。
また当院は、弁護士・行政書士とも提携しております。
治療も、法的なサポートも万全の体制を備えておりますので
分からない事、ご不安な事があれば何でもご相談ください。

ziko_190-160tizu

banner

豊中市の交通事故治療