事故に遭わない為に・・・車両感覚を身につけましょう

投稿日時:2014年04月28日

自動車を運転する上で事故に遭わない為にも

必ず必要なのが車両感覚です。

 

具体的には、

車幅感覚(車両感覚)

車両の前後

タイヤの位置

内輪差

外輪差

です。

 

死角などで小さい子供が走ってきてもギリギリまで見えなかった

というケースや

車両の感覚が掴めずに事故を起こしてしまったというケースから

様々あります。

慣れている運転でも事故はふいにやってきます。

 

安全な場所で日々運転の練習をしておくことをオススメ致します。

ziko_190-160  low  banner  atizu

zikan

 

豊中市の交通事故治療